フィッシングコラムフィッシングコラム

  • イヨケン STRONG STYLE
  • 素晴らしき投釣りワールド
  • 鮎入れ掛かり!?ブログ
  • Fantastic F.F Story ON THE STREAM
  • 絶景ドリームツアー 釣行レポート
  • シマノ渓流 開発奮闘記
  • ワカサギブログ 2017

鮎入れ掛かり!?ブログ 2017

VOL.70 日高川龍神:入りやすいところは釣られた後?

釣行日
2017年8月20日(日)
場所
和歌山県 日高川 龍神地区北浦
水況
平水?
天候
晴れ時々曇り
釣果
平均:18cm(最大:21cm)25匹
仕掛け
水中糸:メタキング自作仕掛け 0.05
ハリ:龍の爪7.0号 3本イカリ
竿
2019プロト
釣人
ぬけさく

 龍神温泉から順番に空いているところを探して下ります。第1候補⇒先客、第2候補⇒先客、第3候補⇒先客、第4候補…やっと空いているところを見つけました。でも入川道がわかりません。せせらぎさんに電話している間に入られてしまいました。涙。もう11時です。日曜日のこんな時間に入りたいところが空いているはずもありません。

 川を眺めながらず~っと下ってくると北浦製材所の裏が空いていました。

 いい感じの流れです。石の色も良さげに見えます。もう11時を回っているので先にお昼をだべます。おにぎり2個とコンビニのゆで卵。毎回決まってこれです。ご存知だと思いますが、このゆで卵、中の黄身まで塩味が付いています。どうやって作るのでしょう。ここで書く話ではありませんが。

 オトリを瀬肩の波立ちに入れると5分で1匹目。また5分で2匹目。30分で6匹です。すぐに1時間で12匹。5時間で60匹と計算してしまいます。なんと愚かなのでしょう。結果は4時間やって19匹。どこで計算を間違ったのか。

 下流の瀬も左岸から見ると少し垢が残って良さげに見えますが右岸から見ると少し青っぽくイマイチに見えます。どこを釣ればいいのか。

 やっと場所移動の決断をしたのが既に4時。この決断の遅さも釣れない理由です。

 場所を探している時間はないので空いているところへエイヤと入ります。遠くからは見えませんでしたが川原に立ってみて…愕然。瀬が真緑…。どうしてここだけアオモがびっしり?当然釣れません。

 最後にパタパタと掛かったのはこの写真の木と木の間に見える瀬肩。コンディションのいい魚体が揃いました。写真を撮り忘れたので最後にパチリ。遠すぎてようわからん?

 今回は2019向けの竿2本を使いました。どちらも良く出来た竿です。最初に使った竿は見た目もすっきりしていて完成度の高い竿です。誰が見ても悪いという人はいないような竿です。オトリをコントロールして釣る竿です。後で使った竿は好き嫌いのはっきりした竿。万人受けはしませんが瀬を引くとオトリが生き生きしています。まだまだ粗削りですが竿が釣ってくれるイメージです。10人の人に見せたら8人は前者がいいというと思います。でも私の釣りに合うのは後者の方。竿に若干テンションを掛けて操作する人に合うのですが、これはなかなか使ってみないとわかりません。竿の性格をどうやってお客様に伝えたらいいのか。頭を抱えるぬけさくです。

 釣人:ぬけさく