フィッシングコラムフィッシングコラム

  • イヨケン STRONG STYLE
  • 素晴らしき投釣りワールド
  • 鮎入れ掛かり!?ブログ
  • Fantastic F.F Story ON THE STREAM
  • 絶景ドリームツアー 釣行レポート
  • シマノ渓流 開発奮闘記
  • ワカサギブログ 2017

鮎入れ掛かり!?ブログ 2017

VOL.65 終わりよければすべてよし?川辺川

釣行日
2017年8月10日(木)
場所
大分県 三隈川 TDK
水況
渇水
天候
晴れ
釣果
平均:24cm(最大:25cm)14匹
仕掛け
水中糸:メタゲーム 0.125
竿
プロトH、まだ先のプロト
釣人
rock

 失意の三隈川から一夜明け。
 いい天気。

 川辺川うす濁り。
 出来る!

 一番手堅いというか、サイズが小さい下流域に。
 それでも25cmだから恐ろしいのだが。

 とかくプロトを使い切る。

 特にプロトH。

 大まかに二通りの調子を作ったがどちらが正解に近いのか?

 A:パワーはあるけどぶれが止まらない。軽い。
 B:曲がるけど、戻ってこない、抜き辛い。重い。

 というざっくりとしたドラゴンの評価。
 ふとAを見て…微妙に小細工。
 すると…

 「あれ?ダワつかないじゃん!感度でてるじゃん!魚抜けるし」
 「こっちをベースにした方がいいよ!」
 「元上か元上上の硬さがちょっと足りないんじゃない?もう一息パワーが欲しい!」

 ロッドは本当にナマモノです…
 料理次第。
 調整次第。

 でもどうやらBよりAが良いみたい。

 ドラゴンが一通り使い倒した後でrockも体感。
 ドラゴンのいう事が良く分かります。

 その間にドラゴンはさらに先のプロトを使い倒す。
 常人では立つこともままならないようなところに立って良型を引き釣り出す。
 ワザと無茶をして限界を知る。

 なんだか感触がとってもいいようでドラゴンの表情も明るいです。

 個人的にも欲しい竿に仕上がってますね。

 とかく急ぎはプロトHの改良。
 次回が楽しみだ。

 球磨川がもっと近くにあればなぁ…

 通算627鮎♪

 釣人:rock