フィッシングコラムフィッシングコラム

  • イヨケン STRONG STYLE
  • 素晴らしき投釣りワールド
  • 鮎入れ掛かり!?ブログ
  • Fantastic F.F Story ON THE STREAM
  • 絶景ドリームツアー 釣行レポート
  • シマノ渓流 開発奮闘記
  • ワカサギブログ 2017

鮎入れ掛かり!?ブログ 2017

VOL.57 日置川:どこでも釣れるような…どこも釣れないような…

釣行日
2017年7月11日(火)
場所(水況)
和歌山県 日置川 口ケ谷 (10cm高)、向平
天候
曇り
釣果
平均:19cm(最大:21cm)23匹
仕掛け
水中糸:メタマグナム 0.05号
ハリ:龍の爪 6.5号 4本イカリ
竿
エレガントアタッカー、リミプロRS
釣人
ぬけさく

 今回もVIP案内の下見です。まずは最下流の口ケ谷。もう10年以上来ていません。15cmぐらい高水の様子。さて、どこを釣ればいいのか。どこでも釣れるような…どこも釣れないような…。結果はどこも釣れませんでした。

 すぐに見切って彷徨い開始です。イチョウの瀬を覗きながら向平に入ります。ここもどこを釣ったらいいのかわからないので、先客の方に状況を聞きます。とにかくオトリを確保しないと。
 左岸のヘチに立ってオトリを上飛ばし。1匹ポロッと掛かってくれました。

 そのオトリを持ってウロウロします。足場が良くて、泳がせやすくて、釣れるところ…を探します。日置川は、足場が良くて、泳がせやすい場所はたくさんあります。でも、そんなところで簡単に釣れるところは有りません。

 で、掛かったのはこの瀬。石が小さい分オトリが止まってくれませんが1.5号のオモリを付けるとすぐにドン。先客がここが釣れると教えてくれたポイントです。やはり、情報収集は大切です。バタバタと掛かりましたがここで機嫌よく釣っている場合ではないのです。

 魚体もまずまず。

 まだまだ掛かりそうですが、足場が良くて、泳がせで釣りやすい場所を求めてまた移動。後ろ髪引かれる思いです。

 3ヶ所目は大の橋の下流。ゆったりとした日置川らしい流れです。

 先客がポツポツ掛けておられるようですが、朝から一通り釣られているようです。大海原のようでどこを釣ればいいのかわかりません。案の定掛かりません

 知らず知らずのうちに、場所探しより自分が釣りたい気持ちが沸々と。そこで、一か八か延々とウマベの瀬まで歩いて行きます。大概の場合、一か八かはハズレます。去年とは川が変わってしまっていました。また引き返すはめに。

 息も絶え絶え、足もフラフラです。元に戻って、さっきさんざん引き倒した場所でいきなりドン。生き返ったような6連発。型もまずまずです。最後に釣れたからまっええか、と慰めたけど、あ~しんど。

 釣人:ぬけさく