フィッシングコラムフィッシングコラム

  • イヨケン STRONG STYLE
  • 素晴らしき投釣りワールド
  • 鮎入れ掛かり!?ブログ
  • Fantastic F.F Story ON THE STREAM
  • 絶景ドリームツアー 釣行レポート
  • シマノ渓流 開発奮闘記
  • ワカサギブログ 2017

鮎入れ掛かり!?ブログ 2017

VOL.27 本格的に鮎の友釣りが解禁!

釣行日
2017年5月27日(土)
天気
晴れ
場所
岐阜県 板取川 蕨生大橋
水況
渇水 垢腐れ気味 午後から強風
サイズ
13㎝~18㎝ 釣果 62匹
仕掛け
水中糸 メタゲームII0.05号
ハリ:早虎6~6.5号4本イカリ/虎龍 オリジナル段バリ
竿
プロトS改
釣人
SKG48

 今年の長良川は過去3番目の遡上で、長良川本流はかなりの鮎が見えてます。なので本流での解禁日釣行にしようかと思ってましたが、なんせこの渇水状況!やっぱり確実に鮎が釣れる板取川に入る事に。

 昨年から、阿木川産の湖産が放流されてもいるので、期待はしてみるものの、本命の上牧橋上流の通称プリモ前は人気で釣り人も多いと予想されます。そこでそれより下流の睦橋周辺に朝一に入ることに!
 しかし、待てども待てども、周りの人も竿が曲がる気配が無くて、1時間たっても、チビ鮎を数匹のみ。そこで下流の師匠に電話!まあまあ、釣れるし、黄色い鮎もいい反応して追って掛かるから面白い!とのこと!
 …ということは、この場所はハズレかも…早々に場所移動!更に下流の蕨生大橋に移動しました。橋の上流瀬肩が空いていたので、入れさせてもらい、ポイントを確認してみると、どうも川の流れの芯より、岸側の流れの方が鮎も跳ねて良いみたい。瀬の真ん中から、岸側にオトリを送り出すと、かなりの反応!一番の居着きの鮎が追ってる?この場所当たり?穂先の特徴?竿が凄い?この竿は初めて使うけど、これって!と、思った瞬間にギキューン!よ~く引きを楽しんで取り込むと真っ黄色のバリバリやる気のある鮎。これは、この周辺はザラ場か?そりゃ、湖産で解禁日ですからね。細かく細かくオトリを操作しながら、いい反応の入れ掛りが続きます。かなり念入りに探るとほどなく反応終了。チャラ瀬はやっぱり掛りは早いけど、終わりも早い。場所を移動しようにも、もう入る場所は見渡す限り無さそうなので、仕方なく対岸に渡り、立ち位置を変えて、ポロ、ポロと追加!流石にサイズも小さくなりました。ちょうど、お昼で場所が、チラホラ空き始めたので、橋の下流の水深のある瀬に移動。

反応が良かった午前中の瀬肩!

昼から狙った水深のある瀬!

 水温も上がってきたのと、魚が溜まり易い事もあるのか、良いペースで黄色い鮎が反応してくれるのですが、かなりの強風が吹き続ける中での釣りは大変!その強風の中でも、引いたり、泳がせたり、と色々と試しながら、この竿って良いかも!?です。ただ調整は必要でしょうね。竿の好みは使う釣り人、釣り方、場所、など、条件は色々ありますからね~!でも、初めて使うけど、チャラ瀬ではバツグン!って言っちゃうと開発者が…!

他の釣り人も浅場から、水深のある場所に!

 強風と眠気に限界を感じ、3時で終了!サイズは少し小さいのが多かったのですが、しっかりとナワバリのやる気の黄色い鮎が反応して!追って!掛かる!ワクワク、ドキドキしながら楽しめた長良川中央の解禁日の板取川でした。

元気の良いやる気のある鮎たち