フィッシングコラムフィッシングコラム

  • イヨケン STRONG STYLE
  • 素晴らしき投釣りワールド
  • 鮎入れ掛かり!?ブログ
  • Fantastic F.F Story ON THE STREAM
  • 絶景ドリームツアー 釣行レポート
  • シマノ渓流 開発奮闘記
  • ワカサギブログ 2017

鮎入れ掛かり!?ブログ 2017

VOL.26 今期初釣りの付知川解禁

釣行日
2017年5月20日(土)
場所
付知川 新田瀬橋 上流
天候
晴れ
水況
渇水 垢腐れ 微風
釣果
13~18cm)45匹
仕掛け
水中糸:メタゲームII0.05号
ハリ:早虎6~6.5号4本イカリ/虎龍 オリジナル段バリ
竿
プロトI
釣人
SKG48

 今年も解禁日は付知川からのスタート!毎年、魚の状態は良い年が多いのですが、今年は放流時期からの気温の低い期間が長かったり、適度な雨も少ないなど、鮎の成長にも多少の影響があったようなタイミングでの、超〜渇水の解禁!
 例年と同じ場所での釣り始めですが、なんせ見ての通りのチャラチャラの状態!

 それでも、鮎の集まりやすい水深のある流れ込みにおとりを入れて待っていると、反応あり!しかし、待てども初鮎は掛かりません。友釣りの先輩方は、ポツリポツリと掛かり始めてる。この時期はやっぱり場所?なんて考えていると、く〜っと重みを感じ、ようやく初鮎ヒット!毎年思うけど、なんせ初釣りでのトラブルの有無は今シーズンが良い年であるかどうかのおみくじみたいなもんなんです!それは、私だけ?とか、思いながら取り込み完了。直ぐおとりを交換して同じポイントに送り出しますが、それからは音信不通!こんな時は、周りのポイントを数狙って行くのも一つの方法。解禁だと魚の多い場所をじっくり狙って釣るのが基本なんですが、狙っている場所の魚が少なければ、沢山の場所を狙う!その方が、ナワバリを持っている鮎が釣れる可能性がある!そんな作戦で、なんとかポツリポツリのペースで掛けます。が、ツ抜けもしない状況で自分の周りのポイントはこれで終了!大きくポイント移動をと、大先輩のテッパンポイントに入れてもらい再スタート!と、同時に入れ掛かり状態に。やっぱり、解禁直後で特に渇水だと水深のある流れ込みに魚が集まりやすいのでしょう。大きさも16〜18㎝でよく引きます。

 ポイント移動してからは、順調な感じ! 釣るポイントにもよりますが、今回使っている竿は、穂先のソリッドが少ししっかりしたタイプで、長さも85-88と操作しやすい長さ。送り出す時もズームがついているので、これまた便利! 調子は、これまた穂先が使いやすい!全体のしっかりした感じはおとりを穂先で感じやすく、取り込みも釣りごろの18㎝位のならスムーズ。密かに気に入っているので、これで大会にとも?
 AM11時、昼食で検量!ちょうど40匹。
 
 この時間になってくると気温も水温も上がってきたのか、まあまあ、黄色い鮎が釣れ始めましたが、サイズが少し小ぶりになった感も。午後からの釣りに期待!

 午後1時頃からは、ポイントを少し変えてみようとスタートするも、なんかパッとしない。そのまま時間だけが過ぎ、睡魔?水魔?には勝てず、5匹で終了。
 解禁当初はやはり場所なのでしょうけど、おとりや水温の関係で、はじめは釣れなくても状況が変われば釣れ始める事もあります。その日の川の状況を上手く見極めて、ポイントや釣り方などを判断しながら釣りましょう!
 今シーズンもいよいよ始まりますが、各河川、楽しい釣りが出来る一年であるとよいですね。

釣人:SKG48