フィッシングコラムフィッシングコラム

  • イヨケン STRONG STYLE
  • 素晴らしき投釣りワールド
  • 鮎入れ掛かり!?ブログ
  • Fantastic F.F Story ON THE STREAM
  • 絶景ドリームツアー 釣行レポート
  • シマノ渓流 開発奮闘記
  • ワカサギブログ 2017

鮎入れ掛かり!?ブログ 2017

VOL.22 2017年 解禁!

場所
矢作川 小渡(おど)地区(通称かわご) / 2017年5月11日(木)
小渡やな下流 / 2017年5月12日(金)
天候
晴れ
水況
平水からちょい渇水 垢 良好
釣果
平均:16cm(最大:19cm)57匹 / 2017年5月11日(木)
平均: 14cm(最大:17cm)51匹 / 2017年5月12日(金)
仕掛け
水中糸:プロトタイプ号5m
ハリ:早虎6.5号4本イカリ
竿
リミテッドプロFWベリーベスト85 / 2017年5月11日(木)
プロセレクトFW85 / 2017年5月12日(金)
釣人
jijii1091

矢作川の解禁と解禁2日目に行ってきました!
今年は、気合を入れて朝の3時45分には川に立っていました(笑)。解禁日のポイントは「かわご」。小渡やなから約700mくらい下流です。

本来なら、前評判の良い鉄板の小渡に入りたかったのですが、大混雑するのが目に見えていたので、ちょっとポイントをずらして「かわご」を選びました。4時20分スタート。しかし、気合とは裏腹に一向に掛かりません(泣)。狙いの水深のある瀬も、その上の白泡の瀬もウンともスンとも言いません。途中で昨年ジャパンカップ3位の椿さんが「小渡入れ掛り、オトリもあるで~。来たら~」と電話。丁寧に掛りアユの写真までラインで送信(怒)。
意地でもいけません(笑)。6時をまわり、7時をまわり、8時をまわって本気で場所移動とオトリを借りることを覚悟したころ、8時14分に1匹目。4時間ぶりの1匹です。オトリが元気になると、僕も元気になって、そこからはボツボツ。10時を過ぎると、強い瀬でもプチ入れ掛かりもあり、終わって見れば57匹の釣果で大満足!!!

いい解禁を迎えられました!
2日目はゆっくりの7時にスタート。昨日よく釣れたと聞いた。小渡やなの下へ

「入るとこないかな~」と歩いて行くと思ったよりスペースがある!最初はダンダン瀬の中段にあるちょっと広いタナへ。昨日とは違い最初から良いペースで掛かります。10匹くらい釣りましたが、サイズが小さいのと群れ鮎っぽい掛かり方だったので、気になっていた水深のある1本瀬へ移動。これが正解でまあまあのサイズが入れ掛りです!

解禁にやられてないであろう、深くて、流れのある深瀬に的を絞って、ちびオモリを付けて攻めました。お昼真までに41匹。たまらまく面白かったです。
午後は、お昼ご飯をゆっくり食べ13時45分からスタート。後半戦は釣り人が多く入るスペースがありません。釣るところがなくて、ウロウロしてしまいましたが、やりにくそうなポイントや普通ならポイントとしてみないような、ショボショボ流れを狙って、釣り歩き10匹を追加して17時半に納竿しました。釣果は51匹。2日間、たっぷり友釣りを楽しみました!

毎年言っていることですが、この時期は水深のあるポイントが鉄板ですね。瀬肩とか瀬落ちとかの水深のあるポイントが好ポイントになることが多いので、「狙いの水深は腰以上!!」を合言葉にポイントを選んでもらえると失敗が少なくなると思います。

竿は11日はリミテッドプロFWベリーベスト85。

前日に雨が降ったので、「雨降りの翌日は風が強くなる」という僕の鉄則で、僕の持っている竿の中で1番風に強い竿を選びました。また、矢作川の小渡地区は川も大きくないので、8.5mくらいの竿が使いやすいと思います。
2日目はアユが小さいこともあり、ベリーベストより少し柔らかく感じるプロセレクトFW85を選択しました。

両竿とも絶好調!!(笑)。この時期にはちょっと硬く感じるかもしれませんが、この時期の鮎に対してちょうど良かったら困ります。この時期にちょっと硬いと感じると盛期になるほどにちょうど良くなっていきます!!我ながら上手くいセッティングされていると思います(爆)
仕掛けは水中糸にはプロトタイプ。擦れにも強く、2日間、ハナカン周りの糸を直しただけで108匹釣りあげてノートラブルでした。かなり期待が持てる糸になると思いますよ!!非常に楽しみです。
ハナカン周りは自作の04号のフロロカーボンを32㎝。ハナカンは細軸SPの5.5号。
20㎝までならこれで十分ですね。背バリはいつものやつ(笑)

サカバリは、今年発売の一皮サカサ。特徴はサカバリとハリス止めが一体式で非常に軽いという事!オトリの負担、オトリの泳ぎの負担にもなりにくいと思います。
あとサカバリの重さは掛けバリの垂れ下がりにも影響があるかもしれないので、軽いに越したことはないと思っています。「どうも根掛かりが多い」「オトリがすぐに弱るなぁ」と感じている人には1度使って欲しいと思います。
掛けバリは、この時期は「早虎」が多いです。まだアユが小さいので身切れの心配もないですし、弱いアタリにもよく刺さり込みます。まあ、ほとんど外れたことがありません。
オールシーズン使って貰えますが、特に初期が良いと感じるのでぜひ使ってみて欲しいですね!

いよいよ鮎解禁!!熱い夏が始まりますよ~!

釣人:jijii1091