あなたの大切な命を守るための3つのポイント Fishing Info

釣りを愛する皆様が安全にフィッシングを楽しまれるために、釣りにお出掛けになられる際には、必ず現地の詳しい気象情報を把握されてから出かけられる事をお勧めします。
また、万一に備え単独行動は避けましょう。釣り場に到着したら、海中転落した際の上陸場所やお互いの救助方法などを確認するように心掛けましょう。
海上だけでなく磯や堤防での海中転落事故も発生しています。安全確保に十分ご留意いただき、釣りを楽しまれますようにお願い申し上げます。

海上保安庁では万一の海難事故のために命を守る3つのポイントが提言されています。

1. ライフジャケットの常時着用!

もしも、海中転落してしまったら…

まず、海に浮いていることが重要です。浮かんでいれば、救助の手が差し延べられます。
そのためには、ライフジャケットを着用することが極めて有効です。 ライフジャケットを着用し、救助を待ちましょう。

2. 連絡手段の確保!!

防水パックを使用した携帯電話の携行

ライフジャケットを着用し、海に浮いていて、救助されるためには、「助けて欲しい!」 と救助機関へ通報・要請しなければなりません。
そのためには、耐水タイプ又は防水パックに入れた携帯電話を携行するなど、連絡手段を確保しましょう!

3. 海のもしもは118番!!!

海のもしもは118番です。

海上保安庁では、緊急通報用電話番号を 局番なし118番(無料)として設定していますので、有効に活用して下さい。
もしもの時の救助要請は、118番まで!救助要請を受けた海上保安庁などが、他の機関と連携しつつ救助に駆けつけます。

!ライフジャケットは正しく着用しましょう (通常→浮遊状態)

関連コンテンツ

フローティングベストの基礎知識
株式会社シマノでは、釣り愛好者の皆様への安全対策を呼びかけています。
左記ページに自動膨脹式フローティングベストについての基礎知識とQ&Aを解り易く解説しております。
みなさまの安全知識向上にご利用ください。

また、下記外部アドレスでは更に詳しくマリンレジャーでの安全対策について掲載されていますので、 是非、ご覧になられて海難事故防止にお役立てください。

海上保安庁ホームページ
http://www.kaiho.mlit.go.jp/
海上保安庁 マリンレジャー安全推進室
http://www.kaiho.mlit.go.jp/mission/kainan/anzensuishin/marine-leisure.html
釣り情報トップへ戻る