2020 シマノ ジャパンカップ
クロダイ(チヌ)釣り選手権大会

沖縄大会 大会結果

上位3名

優勝 濱川 翔伍 選手
準優勝 宮城 啓佑 選手
第3位 伊波 裕貴 選手
日時 2月9日(日)
場所 西崎一文字(沖縄)
天候 晴れ時々曇り
風向 / 風の強さ 北 / 7m/s

2020年2月9日(日)今年度最初となるシマノ ジャパンカップクロダイ(チヌ)釣り選手権大会が、沖縄県・西崎一文字で行なわれました。

大会前日の天気は荒れ模様でしたが、当日は風も収まり、日も出て釣りやすい状況。

競技エリアは例年通り「なべ堤」と「L文字堤」を使用した2ブロックの横取り方式。

昨年は工事の影響で釣りのできないエリアがあったL文字堤も、今年は工事が終了しており、昨年よりも広いエリアで競技を行なうことが出来ました。

昨年は本命であるクロダイの釣果が見られなかった本大会。前日の荒れた天気で入った濁りが影響してか、それぞれのブロックで開始30分も経たないうちに本命であるクロダイの釣果が上がり、特に競技後半の上げ潮になるタイミングでは次々と竿が曲がり、勝負は混戦に。

クロダイ以外にもタマン、ガクガク、トカジャー、イラブチャー、アーガイなどのフカセ対象魚にセンスルーやコチなどの他魚も顔を覗かせ、クロダイの釣果が9選手で10尾、17名もの選手が検量を行なう、沖縄大会史上、類を見ない好釣果に恵まれた大会となりました。

結果的にはL文字堤で2枚のクロダイを揃え、980gの釣果を記録した濱川 翔伍選手が見事優勝。

なべ堤1位の宮城 啓佑選手とともに全国大会進出権を獲得されました。

また、L文字堤の工事後の検査がこれからということもありましたが、今後もL文字堤となべ堤で気持ちよく釣り大会ができるよう、今回は特に競技中、競技後の清掃や後片付けに注力いただきました。

ご協力いただきました選手のみなさま、誠にありがとうございました。

もっと見る

フォトレポート

フォトレポート

  • 競技風景
  • 競技風景
  • 優勝 濱川 翔伍選手
  • 準優勝 宮城 啓佑選手
  • 第3位 伊波 裕貴選手
  • 釣果
  • 釣果
  • 釣果
  • 釣果
  • 釣果
  • 釣果
  • 釣果
  • 釣果
  • 釣果
  • 釣果
  • 釣果
  • 釣果
  • 釣果
  • 釣果
  • 釣果
  • ベテランアングラー賞:照屋 清志選手
  • ラッキー賞:湧川 朝則選手
  • お楽しみ抽選会:松阪牛
  • 集合写真

成績表

※敬称略

※旧字体はパソコンの種類によって表示出来ないものや、表示が変わってしまう場合があるため、略字体に修正させていただくことがございます。ご了承ください。