2019

2019 SHIMANO SABER TUNE JIGGING CUP in明石

大会レポート

2019年12月1日(日)、兵庫県明石市明石浦漁港を本部とし、シマノ サーベルチューンジギングカップ2019 in明石大会が開催されました。

今大会は魚英2、魚英3、エムズジャーク、ケイズ、シーパラダイス、シーマジカル、浜栄丸、東田丸、ビッグファイター、ミタチ丸の10船に選手115名が大阪湾に点在するそれぞれの港から乗り込み、明石浦漁港に集合する形で行われました。シマノインストラクターの山本 啓人さん、釣りガールの阪本 智子さん、冨士木 耶奈さんも各船に乗り込み、選手と一緒にサーベルジギングを楽しみました。

神戸沖、洲本沖共に最近のタチウオの状況は非常に悪く、どこを大会エリアにするか最後まで悩まされました。その中で神戸港付近でタチウオの魚影が濃いポイントが見つかり、全船そのポイントに集結して競技を行う事となりました。しかし全船がそのポイントに集結するのに1時間以上の時間差があったため、当初予定していた総重量の勝負では不公平が出ると判断し、5匹重量の勝負へとルールを変更しました。選手の皆様全員のご理解とご協力のおかげて、急にルール変更したにも関わらず、無事に大会を運営することが出来ました。ありがとうございました。

当ポイントは水深13m前後と非常に浅い、いわゆる近海ポイントで、釣果は過去最高のものとなりました。結果は、エムズジャークに乗船された清瀧 寛朗さんが4.25kgとぶっちぎりの過去最高重量で優勝、2位にはシーマジカルの寺島 潤さんが3.18kg、3位には120cmを釣り上げドラゴン賞を獲得した小谷 悟史選手が3.08kgで輝きました。サーベルチューンジギングカップは女性の参加が多いため、今回からレディス賞を上位3名に増やしました。結果は浜栄丸の谷永 香苗さんが2.86kgで1位、浜栄丸の川口 真有香さんが2.34kgで2位、シーマジカルの梅本 奈緒子さんが2.22kgで3位に輝きました。他魚では、シーパラダイスの梅本 義浩さんが96cmという見事なサワラを釣り上げ、特別賞とさせて頂きました。結果、約100名が検量され、とても忙しい検量となりました。

表彰式、じゃんけん大会も和やかな楽しい雰囲気で行われ、2019年のサーベルチューンジギングカップは幕を閉じました。タチウオ、青物ともにまだまだ大阪湾、よく釣れております。皆様も足を運ばれてはどうでしょうか。

フォトレポート

成績表

順位 氏名 カナ 住所 重量(kg) 匹数 船名
1 清瀧 寛朗 キヨタキ ヒロアキ 大阪府泉佐野市 4.25 5 エムズジャーク
2 寺島 潤 テラシマ ジュン 大阪府堺市 3.18 5 シーマジカル
3 小谷 悟史 コタニ サトフミ 大阪府大阪市 3.08 5 ミタチ丸
4 石井 暢洋 イシイ ノブヒロ 兵庫県明石市 2.96 5 東田丸
5 谷永 香苗 タニナガ カナエ 大阪府寝屋川市 2.86 5 浜栄丸
6 冨田 皓太 トミタ コウタ 兵庫県明石市 2.72 5 ビッグファイター
6 小西 肇 コニシ ハジメ 大阪府大阪市 2.72 5 東田丸
8 島田 慎 シマダ マコト 兵庫県西宮市 2.66 5 東田丸
9 松下 智宣 マツシタ トモヨシ 兵庫県たつの市 2.64 5 魚英3
10 豊田 範和 トヨダ ノリカズ 兵庫県神戸市 2.62 5 東田丸

レディース賞

順位 重量(kg) 氏名 住所
1 2.86 谷永 香苗 大阪府寝屋川市
2 2.34 川口 真有香 徳島県徳島市
3 2.22 梅本 奈緒子 大阪府貝塚市

ドラゴン賞

サイズ(㎝) 氏名 住所
120.00 小谷 悟史 大阪府大阪市

※敬称略