2019

2019 SHIMANO OCEA JIGGING CUP in 明石2019 SHIMANO OCEA JIGGING CUP in 明石

イベントレポート

日時
2019年11月9日(土)
場所
兵庫県 明石市 明石浦漁港 魚英前

2019年11月9日(土)、兵庫県明石市明石浦漁港を大会本部とし、2019 SHIMANO OCEAJIGGING CUP in 明石 が開催されました。
当日の天気は快晴。風も穏やかな西北西からの1~2m程度と、絶好の釣り日和となりました。
主なポイントは明石沖。参加船は魚英1号艇、魚英2号艇、魚英3号艇、エムズジャーク、ケイズ、シーマジカル、シーパラダイス、浜栄丸、東田丸、ビッグファイター、ミタチ丸の11船で、120名の選手により競技が行われました。
検量ルールはブリ類、カンパチ、サワラの3匹以内の総重量により順位を決定します。 優勝はベストブリ賞に輝いた87cmを筆頭に9.27kgを記録した谷口 蓮選手。2位は80cmのブリ、82cmのサワラを含む7.02kgを記録した伊東 祐真選手。3位は6.91kgを記録した大下 和樹選手となりました。
また、キングサワラ賞には88cmの大澤 拓朗選手、大鯛賞には65cmの安井 徳孝選手、レディース賞には3.67kgの藤井 香苗選手が入賞しました。
この他西尾 元宏選手(浜栄丸)は55cmのオオアジ、冨士木 耶奈選手は40cmのヒラメを釣り上げ、検量場所は終始賑やかな大会となりました。
表彰式ではシマノインストラクター山本啓人氏、オフショアモニターの冨士木耶奈さんらによる青物ジギングについてのトークライブが行われ、今日の釣果報告、進化を続けるタックルやテクニックの話題で、会場は大いに盛り上がりました。
今大会では約半数の選手に釣果があり、明石沖はまだまだ好釣果を期待させます。
皆様もぜひ明石浦に足を運んでみて下さい。

成績表

順位 選手名 カナ 住所 重量(kg) 船名
1 谷口 蓮 タニグチ レン 兵庫県姫路市 9.27 ミタチ丸
2 伊東 祐真 イトウ ユウマ 兵庫県神戸市 7.02 魚英2
3 大下 和樹 オオシタ カズキ 大阪府和泉市 6.91 マジカル
4 関 辰也 セキ タツヤ 兵庫県神戸市 6.85 エムズ
5 大澤 拓朗 オオサワ タクロウ 兵庫県神戸市 6.57 エムズ
6 西尾 昌修 ニシオ マサノブ 大阪府八尾市 4.96 魚英3
7 吉村 雄一郎 ヨシムラ ユウイチロウ 大阪府富田林市 4.31 エムズ
8 山田 浩史 ヤマダ ヒロシ 兵庫県川西市 4.24 ケイズ
9 冨田 皓太 トミタ コウタ 兵庫県明石市 4.12 魚英1
10 髙橋 優玄 タカハシ ユウゲン 大阪府和泉市 4.07 マジカル

ベストブリ賞

選手名 カナ 住所 長さ(cm) 船名
谷口 蓮 タニグチ レン 兵庫県姫路市 87.00 ミタチ丸

キングサワラ賞

選手名 カナ 住所 長さ(cm) 船名
大澤 拓朗 オオサワ タクロウ 兵庫県神戸市 88.00 エムズ

大鯛賞

選手名 カナ 住所 長さ(cm) 船名
安井 徳孝 ヤスイ アツノリ 京都府亀岡市 65.00 ビッグファイター

レディース賞

選手名 カナ 住所 重量(kg) 船名
藤井 香苗 フジイ カナエ 兵庫県多可郡 3.67 浜栄丸

関連情報