2019

2019 シマノ ジャパンカップ 磯(グレ)釣り選手権大会

2019 シマノ ジャパンカップ 磯(グレ)釣り選手権大会 2019 ジャパンカップ 磯(グレ)釣り選手権大会

  • 大会速報 成績表

シマノ ジャパンカップ 磯(グレ)釣り選手権全国大会 速報

上位3名

優勝 友松 信彦 選手
準優勝 幸喜 一樹 選手
第3位 上田 泰大 選手
PE釣法がタフコンディションの激闘を制す
友松信彦選手が完全試合。2連覇4度目の頂点!
日時 2019年11月16日(土)、11月17日(日)
場所 五島列島 福江島 福江地区の磯(長崎県五島市)
主催 株式会社 シマノ
後援 長崎県五島市、一般社団法人五島市観光協会、カンパーナホテル
天候 晴れ

去る2019年11月16日(土)~17日(日)「2019シマノ ジャパンカップ磯(グレ)釣り選手権 全国大会」を五島列島・福江島・福江地区の磯(長崎県五島市)にて開催いたしました。

出場選手は昨年度の全国大会上位3名のシード選手と、地区大会そしてセミファイナル大会をも勝ち抜いた総勢24名の精鋭たち。

ジャパンカップ磯は今年で35年目。ウキフカセの聖地ともいえる五島列島が檜舞台となって26回目になります。毎年名誉を賭けた数々のドラマが生まれ今大会もまた熱戦激闘が繰り広げられました。

予選リーグは5試合。ルールは昨年と同じく7尾の総重量を競います。より大型魚を掛け取り、相手選手に重量差をつけた選手が勝ち点を重ねることができます。

16日。熱戦の幕開けを告げるかのように水平線から美しい朝日が昇ります。風はなく海況はベタナギ。最高の大会日和となりましたが、グレの活性は例年にない渋さ。いつもなら大型が乱舞するサザエ島周りの磯が低調なほか、各試合コッパグレ相手のシビアな釣りを強いられ「五島とは思えない」、「正解が分からない」と百戦錬磨のトーナメンターが頭を抱える僅差の勝負ばかり。圧倒的な重量差をつけて勝ち上がる選手が少ない状況下、初日3試合を全勝したのは4名。トップランナーに躍り出たのは森井陽選手(SF四国大会1位/徳島県徳島市)、続いて友松信彦選手(シード選手・前年1位/神奈川県横浜市)、幸喜一樹選手(SF九州大会2位/沖縄県沖縄市)、赤木寿成選手(SF四国大会2位/岡山県浅口郡)。
暫定1位の森井選手といえば徳島のエキスパート。全国大会常連選手のひとりです。2位の友松信彦選手は昨年V3を成し遂げ、新進気鋭のPE釣法で連覇をねらうディフェンディングチャンピオン。このワンツーが組み合わせ抽選の結果、予選最終5試合目に直接対決。星の潰し合いが控えています。

17日は南寄りの風が強まりザワザワと波が立っています。この海況変化が幸いしたのか4試合目の検量には大型魚が数多く持ち込まれます。中でも6,048gと4試合を通じての最高釣果をだしたのが幸喜一樹選手。屋根尾島の長瀬で安斉優選手(SF東海大会1位/神奈川県鎌倉市)と激しくサオを曲げあい、40㎝オーバーのオナガ・クチブトが混じる素晴らしい釣りを展開します。幸喜選手と同じく初日全勝の森井選手、友松選手の両名も良型を揃えて勝ち点を重ね、4試合終えての全勝選手は3名に絞られました。
いよいよ運命の5試合目。どちらかが勝てば決勝進出となる森井選手、友松選手の直接対決で1投目からサオを曲げたのは友松選手。その後もハイペースでタモ入れサイズを連発します。前半も終盤に差し掛かるころ森井選手も大型をキャッチ。そして場所を入れ替えて後半戦に突入すると森井選手が猛チャージで良型を掛けます。対する友松選手は失速しながらも数少ないアタリを拾って重量のある大型を手に。決勝進出を賭けた両者の鬼気迫る激闘の結果は森井5,330g、友松6,837g。まるで乗っ込み時のような腹パンのグレを手にした友松選手が重量を稼ぎ、予選5試合通じて最高重量をだして5戦5勝で決勝の舞台に勝ち上がりました。
そしてファイナルステージに上り詰めたもう一人の全勝者は幸喜一樹選手。22歳の最年少選手で4年連続で全国大会に出場。2017年にも決勝の舞台に立ち田中修司選手と熱戦を繰り広げた沖縄の若武者です。

決勝の檜舞台は久賀島の金剛崎の沖に位置する通瀬(とおりぜ)。開始は14時。右から左に流れる下げ潮の利いた時間帯で風波は高く、特にハエ根のきつい右の釣り座はしぶきがかかる状況です。予選1位通過の幸喜選手には優先権があり海に向かって左の釣り座を選びます。潮下となる幸喜選手は右の先端釣り座に比べ風も波もまともには受けません。そして試合開始15分後にはサオ引きするほどのアタリが出てタモ入れサイズをキャッチ。それから畳みかけるように良型を3尾釣り上げ、愛竿「ファイアブラッドグレクレバーハント」が気持ちのよい弧を描きます。一方の友松選手は時おりくる高波でコマセを濡らし、極めて釣りにくいコンディションに耐えつつ、コッパではあるものの前半になんとか7尾を揃えます。しかし幸喜選手が優勢なのは明らか。後半に勝負を賭けたい友松選手ですが、釣り座入れ替え後も簡単にはサイズアップできません。状況が好転したのは潮が緩んだ時間帯。000号の「CORE ZERO-PIT DVC TYPE-D」で25mほど沖の深ダナを探り、回収をしようとしたところでドスンと竿に激震が走ります。「ファイアブラッドクォーターマスター」が強烈な突進を受け止め、浮上したのは40㎝オーバーのクチブト。この時合をリズムよく釣っていきたいところで、マダイ、イスズミと大型外道が邪魔をします。終了まで残り10分をきりますが、友松選手は焦りません。まるでアタリを絞り出すかのように集中して良型を1尾、2尾と追加。潮、タナを見極めコマセサシエを的確に撃ち込む。その見事な釣りの組み立てに選手、役員から大きな拍手が沸き立って間もなく、試合終了のホーンが潮騒をかき消しました。

検量の結果は幸喜選手3,410g、友松選手3,785gで友松選手が4度目の優勝。前回大会に続く負けなしの完全勝利であることから12連勝という強さを発揮。そして第19回大会優勝の江頭弘則さん以来、実に16年ぶりの連覇という快挙を成し遂げました。

※文中敬称略

もっと見る

フォトレポート

フォトレポート

成績表