2019

2019 シマノ・ジャパンカップ 鮎釣り選手権大会

2019 シマノ・ジャパンカップ 鮎釣り選手権大会 2019 シマノ・ジャパンカップ 鮎釣り選手権大会

九州大会 大会結果

上位3名

優勝 堀 和宏 選手
準優勝 川本 宏至 選手
第3位 城家 良寿 選手
日時 6月1日(土)
場所 三隈川(大分)
天候 晴れ
風向 / 風の強さ なし

2018年6月1日(土)大分県三隈川にて、シマノ ジャパンカップ鮎釣り選手権・九州大会が開催されました。

天候は晴れ、朝は肌寒いくらいの気温でしたが、日中にかけ上昇し最高気温は28度近くなりました。
風もなくとても釣りがしやすい中での大会となりました。
事前情報で上流域の玖珠川のみ釣果が出ており、選手の集中と不公平さが出ないことを避けるためブロックを上流域と下流域の2つに分けました。

解禁から2週間経過しており、釣り荒れ気味。
また一度も水の出がなく、水質、石のコケ付き状況などアカぐされも発生していました。
下流ブロックでは3匹で2回戦進出のボーダーラインと思われる状況。
玖珠川は解禁から比較的釣果が出ているため、釣り場の優先権がある選手はその場所に集中しましたが、大山川は水温が低く釣果は良くありませんでした。

このような状況で、いかに1匹ずつ、積み重ねるかの勝負となりました。
解禁特有の群れ鮎が入ってきそうな場所、低水温の中で水温上昇が起きやすい浅場で釣果がみられ、事前情報で釣果が良い場所に優先的に入れたかも勝敗を分けることとなりました。

平均サイズは18cm前後で、最大は21cm。

最終的には2回戦で7匹の釣果を出した、堀和宏選手が優勝されました。

セミファイナルへの進出権は計4名の方々が獲得されました。

もっと見る

フォトレポート

フォトレポート

  • セミファイナル進出者
  • 競技風景
  • 競技風景
  • 大会風景
  • 競技風景
  • 競技風景
  • ベテランアングラー賞:一ノ宮 博幸選手
  • ラッキー賞:堀 和宏選手
  • お楽しみ抽選会:松阪牛
  • 集合写真

成績表

※敬称略

※旧字体はパソコンの種類によって表示出来ないものや、表示が変わってしまう場合があるため、略字体に修正させていただくことがございます。ご了承ください。