2019

セフィア エギングパーティー セフィア エギングパーティー

大分大会

日時
2019年10月6日(日)
場所
大分県佐伯市 葛港

エギングパーティ大分大会、湯川さんと彼方さんのお二人は早朝からフィールドコンタンクトに出発です。
絶景のロケーションでイカチェック(笑)

辺りも明るくなり、彼方さん何かを発見したようです。

イカです、イカ~!!!

そうこうしているうちに参加者のみなさんに遭遇。
クーラーへのサインは定番ですね♪

そしてレクチャーも始まります。

皆さん本当に良い笑顔ですね。

おっと!ここで釣果が出たようです!
あれ?彼方さん、それは何を釣ったんでしょうか?

フィールドコンタクトでお会いできた皆様と記念撮影は欠かせません。

さて、会場の雰囲気はどうでしょうか?

今年のタックルトライアルにはシマノ最高峰のエギングロッド 『Sephia LIMITED』 を6本用意しました!

もちろん手に取って体感してみてくださいね♪
隣のテーブルではセフィアクリンチセフィアクリンチラトルを展示

そして受付には釣果を手にした人が・・・結果はいかに!?

フィールドコンタクトから戻ってきた湯川さんと彼方さん、休む間もなくサイン会へ突入です

どこまでも続くかのような行列です。時間の関係でひとまず受付は終了させていただきましたが、抽選会のあと、時間が許す範囲で対応させていただきました!

お子様連れてのご参加ありがとうございます!
ピースサインがカワイイですね♪

楽しくてタメになる、トークショー。

大分は初参加の湯川さんと彼方さんでしたが、、「イカのナブラ」の話はちゃんと知られているようです。
嘘のような本当の話。ここでは見られた方が数名いらっしゃいました♪

さて、気になる大会結果の発表です。
優勝は 1,220g を持ち込んだ阿部 健司郎選手。なんと40杯近くの釣果があったとか。夜は2.5号のエギでガンガン釣ったそうです。
2位は 884g の高倉 進矢選手。3位は 860g の藤崎 義博選手でした。 入賞おめでとうございます!

※大会規定では、釣り方はショアからのエギングに限りるとしています。
 大入島のような定期巡行船や高速艇で渡れる島でもOKですが、船釣り、渡船やボート、ウェーディングによる渡礁、エサ釣りは認めていません。

表彰式のあとは各種・賞の受賞です。
オペレーションセフィアクリンチは釣果はもちろんですが、エギングパーティーの写真をSNSで拡散してもらうイベントです!
エギだけでなく、湯川さんや彼方さんの写真でもOKです。4つのハッシュタグをつけて投稿してくださいね。

そしてファーストエントリー賞はこちらの5名の方々です。
当選条件に合致した方々を厳正なる抽選をしています。
名前をお呼びして10秒以内に申し出がない場合は、次点の方にお渡しさせていただいております。

そして最後のお楽しみ抽選会へ突入です。ラッキーな方々を紹介いたします!

そして最後の景品は松阪牛1kgですよー。

この2名の方に当選です!おめでとうございます!!

集合写真はもちろんナブラポーズです。
ご参加いただいたみなさま、長時間のお付き合い誠にありがとうございました!

関連情報