2018

2018 シマノ ジャパンカップ 磯(グレ)釣り選手権大会

2018 シマノ・ジャパンカップ 磯(グレ)釣り選手権大会2018 シマノ・ジャパンカップ 磯(グレ)釣り選手権大会

インストラクター選抜戦 大会結果

全国大会進出権を獲得した上位4選手

全国大会進出権を獲得した上位4選手
1位 平和 卓也 選手
2位 山口 美咲 選手
3位 友松 信彦 選手
4位 遠藤 いずみ 選手
日時 2018年10月27日(土)
場所 宇和島湾内(愛媛県)
天候 晴れ

10月27日(土)、愛媛県宇和島湾内にて、2018シマノ・ジャパンカップ磯(グレ)釣り選手権インストラクター選抜戦が開催されました。

全国の名だたるシマノ磯インストラクター(アドバイザー、フィールドテスター含む)15選手による、全国大会出場権4枚のキップをかけた熾烈な戦いが繰り広げられました。

インストラクター選抜戦で使用したエリアはセミファイナル大会同様、宇和島湾内の防波堤。

当日は強い追い風で通常のフカセ釣りの動作が困難。また、防波堤特有の複雑な潮流の見極め、それを見越したマキエワーク、魚影が薄いうえにスレ切ったグレに対応すべく用意された細ハリスや小バリ、エサ取り対策のムキミ、ネリエの準備等。多彩な葛藤があったと思われます。

その様な中、名だたる名手たちはポイントやタナの見極めはもちろん、仕掛けやエサを工夫し、サイズUPを図ります。

さて、2時間2試合制の競技が終了。ほぼ均一した条件での試合で、15選手中2試合を連勝したのはわずか3選手。

1位は平和 卓也選手、第1試合こそ50gを切る極僅差で勝ち上がると、第2試合では対戦相手に1kgを超える重量差をつけ、勝利。合計重量差も唯一の1kg越えで、堂々の1位入賞。

サシエの“ブレ”が気になったといい、口オモリにジンタンのG7を打ってブレを制御すると、グレがクチを使ったと語ってくれました。

2位は山口 美咲選手。今大会から初参戦にして堂々の2位入賞。トーナメント一筋で駆け抜けてきた結果がようやく実を結び、念願の全国大会初出場となりました。

3位は友松 信彦選手。友松選手も50gを切る極僅差で2試合を連勝。そして最後の枠、4位は遠藤 いずみ選手。1試合目を僅差の2番手通過すると、2試合目は勝利し、勝ポイント4.5で滑り込む結果となりました。

今回の湾内対決、困難な状況での中、選手の皆様には最後まで大会を盛り上げていただきましたこと、スタッフ一同あらためて感謝する次第でございます。ご苦労さまでございました。

もっと見る

フォトレポート

フォトレポート

インストラクター選抜戦前夜。全国から駆け付けたインストラクター陣で前夜祭を実施。年に一度とだけあって、常時笑顔の絶えない前夜祭となった。

インストラクター選抜戦も湾内防波堤での競技。セミファイナル大会同様、厳しいコンディションを前に、苦戦を強いられる形となった。

見事1位に輝いた平和選手の検量。

全国大会初出場を決めた2位の山口選手。

3位の友松選手。

こちらも初出場を決めた4位の遠藤選手。

全国から駆け付けたインストラクター陣。

成績表

関連情報