2018

第8回 シマノ・ジャパンカップ 磯(グレ)釣り選手権大会

2018 シマノ・ジャパンカップ 磯(グレ)釣り選手権大会2018 シマノ・ジャパンカップ 磯(グレ)釣り選手権大会

沖縄大会 大会結果

上位3名

優勝 濱川 翔伍 選手
準優勝 仲本 等 選手
第3位 上原 大智 選手
日時 3月11日(日)
場所 那覇一文字(沖縄)
天候 晴れ
風向 / 風の強さ 北東 / 4~6m

2018年3月11日(日)、シマノ ジャパンカップ磯(グレ)釣り選手権・沖縄大会が沖縄県の那覇一文字で行なわれました。

大会前々日まで荒れ模様だった波風も収まり、天気は非常に穏やかで、釣り日和な天候。

競技は例年使用していた「北の新堤」が一般の釣り人で賑わっていたため、エリアから外し、Aブロック「白灯台~ハシゴ」、Bブロック「ハシゴ~真ん中」、Cブロック「タイヤ~白灯台」、Dブロック「北堤」に参加選手を振り分けてスタート。

競技を開始してしばらくは目立った釣果が見られませんでしたが、3時間ほど経過した頃から徐々に釣果も見られはじめ、後半に向かって好調になる那覇一文字らしい展開となりました。

釣果も尾長グレは出ませんでしたが、計5尾のオキナメジナが上がったり、沖縄フカセ対象魚のイラブチャー(ブダイ類)の良型も含め、多数釣れており、会場は大いに盛り上がりを見せました。

結果、唯一オキナメジナを2尾釣り上げた濱川 翔伍選手が見事優勝。

計5名の選手がセミファイナル進出権を獲得されました。

【順位決定方法】

沖縄独自のルールとして、魚種を3つにランク分けし、グレが最優先、次いで沖縄フカセ対象魚(イスズミ、サンノジ、ブダイ類)、次にその他の魚(長物は対象外)とし、魚種ランク優先のブロック横取り方式としました。

もっと見る

フォトレポート

フォトレポート

  • セミファイナル進出5名
  • 1位 濱川 翔伍選手
  • 2位 仲本 等選手
  • 3位 上原 大智選手
  • 4位 宮平 聖士選手
  • 5位 野原 勇司選手
  • 大会風景
  • 釣果
  • 釣果
  • 釣果
  • 釣果
  • 釣果
  • 釣果
  • 釣果
  • 釣果
  • ヤングアングラー賞:田島 快飛選手
  • ラッキー賞:玉那覇 善太選手
  • お楽しみ抽選会:松阪牛
  • じゃんけん大会
  • 集合写真

成績表

※横スクロールでご覧いただけます

全国大会
出場権
順位 ブロック
  • 釣果
  • 総重量kg)
選手名 住所 所属クラブ
1 タイヤ~白灯台 1,480 濱川 翔伍 沖縄県島尻郡
2 北堤 1,200 仲本 等 沖縄県沖縄市
3 ハシゴ~真ん中 1,020 上原 大智 沖縄県南城市 魚楽会
4 タイヤ~白灯台 700 宮平 聖士 沖縄県沖縄市 TEAM ZEUS、ゆくさーの会(仮)
5 白灯台~ハシゴ 2,000 野原 勇司 沖縄県那覇市
6 白灯台~ハシゴ 1,220 新屋 廣和 沖縄県うるま市 クラブキザクラ琉球
7 北堤 820 高江洲 伸輝 沖縄県那覇市 チームちゅーべー

※敬称略

※旧字体はパソコンの種類によって表示出来ないものや、表示が変わってしまう場合があるため、略字体に修正させていただくことがございます。ご了承ください。

※横スクロールでご覧いただけます

釣果(g) 選手名 住所 所属クラブ
ヤングアングラー賞 - 田島 快飛 沖縄県中頭郡 -
ラッキー賞 - 玉那覇 善太 沖縄県与那原町 -

※敬称略

※旧字体はパソコンの種類によって表示出来ないものや、表示が変わってしまう場合があるため、略字体に修正させていただくことがございます。ご了承ください。

関連情報