2018

2018 シマノ・ジャパンカップ 鮎釣り選手権大会

2018 シマノ・ジャパンカップ 鮎釣り選手権大会2018 シマノ・ジャパンカップ 鮎釣り選手権大会

東海A大会 大会結果

上位3名

優勝 井口 裕次 選手
準優勝 田中 茂 選手
第3位 福田 拓也 選手
日時 8月4日(土)
場所 狩野川松ケ瀬(静岡)
天候 晴れ
風向 / 風の強さ 南 / 微風

2018年8月4日(土)、静岡県狩野川の松ヶ瀬にてシマノ・ジャパンカップ鮎釣り選手権東海A大会が開催されました。当日の天気は晴れ。35℃を記録する猛暑となり、釣りだけでなく体調管理にも注意が必要な大会となりました。

川のほうの状況はというと、平水よりもやや減水状態といったところですが、例年好釣果が見られるチャラ瀬はアオノロが発生し、選手の皆様は苦戦を余儀なくされた様子。流れの中心を攻めた選手が釣果を上げておられました。

結果のほうは1匹抜け出た15匹を記録した井口 裕次選手が優勝。2位の田中 茂選手、3位の福田 拓也選手、4位の野崎 洋美選手はいずれも14匹で、1回戦の釣果により順位が決定しています。

大会規定に基づき、計5名の選手が2019年のセミファイナル東日本大会への切符を手にされました。

今大会では1回戦から20匹を超える釣果が記録され、サイズのほうも最大24cmとのことで、狩野川は好調と言えそうです。

今年は日本各地が連日の猛暑に見舞われておりますが、暑さ対策・体調管理を十分に行い、夏の釣りをお楽しみください。

もっと見る

フォトレポート

フォトレポート

  • セミファイナル大会進出者
  • 大会風景
  • 井川氏による優勝者インタビュー
  • 鮎寄贈式
  • ベテランアングラー賞:足立原 辰夫選手
  • ラッキー賞:北爪 高明選手
  • お楽しみ抽選会賞
  • 集合写真

成績表

※敬称略

※旧字体はパソコンの種類によって表示出来ないものや、表示が変わってしまう場合があるため、略字体に修正させていただくことがございます。ご了承ください。

関連情報