2018

2018 シマノ・ジャパンカップ 鮎釣り選手権大会

2018 シマノ・ジャパンカップ 鮎釣り選手権大会2018 シマノ・ジャパンカップ 鮎釣り選手権大会

関東B大会 大会結果

上位3名

優勝 金沢 辰巳 選手
準優勝 藤間 司朗 選手
第3位 大森 泉 選手
日時 6月24日(日)
場所 相模川(神奈川)
天候 曇り時々雨・後晴れ
風向 / 風の強さ 南・後南西 / 弱風

2018年6月24日(日)、神奈川県相模川にて、シマノ・ジャパンカップ鮎釣り選手権関東B大会が開催されました。

当日の天気は曇り時々雨。弱いながらも南~南西の風が吹いていました。

1回戦の時に降っていた雨は次第に止み、2回戦には晴れて気温が上がり、鮎の活性も上がっていったようです。

今年の相模川は近年まれにみる遡上量の多さが話題となっています。昨年より水位は低いものの、前日行なわれた関東A大会の結果を見る限り、本大会も好釣果が期待されます。

当日はオトリがポイントから少しでも離れると野鮎の反応が大きく変わり、繊細にポイントを見極める力が問われた大会となったようです。

僅かな差の蓄積が釣果に現れる、大会にはうってつけの状況でありました。

優勝は25匹を記録した金沢 辰巳選手。5位までの選手が20匹以上を記録し、噂にたがわぬ好釣果が見られました。大会規定に基づき、計9名の選手がセミファイナル進出を果たしています。

なお、今大会で選手の釣られた鮎は相模川第一漁業協同組合様を通じて地元施設に寄贈いたしました。

もっと見る

フォトレポート

フォトレポート

  • セミファイナル進出者
  • 競技風景
  • 検量風景
  • ベテランアングラー賞:松崎 一訓選手
  • レディース賞:公平 祥子選手
  • ヤングアングラー賞:松本 渓秀選手
  • ラッキー賞:萩原 彰一選手
  • 集合写真

成績表

※敬称略

※旧字体はパソコンの種類によって表示出来ないものや、表示が変わってしまう場合があるため、略字体に修正させていただくことがございます。ご了承ください。

関連情報