2017

第12回 探見丸 いすみ市大原港船釣り大会 Fishing Tournament

  • 大会レポート
  • 大会ダイジェスト
  • 大会コメント

大会ダイジェスト

探見丸船釣り大会 いすみ市大原港船釣り大会

午前3時半、夜明け前のまだ薄暗い中、すでに会場には多くの参加者が集結していました。受付を済ませ、釣り談義で盛り上がる人々や、釣りの準備に勤しむ人々、そして探見丸貸出コーナーでは、シマノスタッフの製品説明を熱心に聞く人々など、大会開始までの待ち時間を各々で自由に過ごします。

img01.jpg

img03.jpg

img02.jpg

受付が一段落ついたところで、午前4時から開会式が開始。インストラクター・スペシャルゲストの紹介、義之丸船長による各船船長紹介、大会における注意事項の説明が行なわれました。その後、準備を終えた人から乗船をはじめます。午前4時半、参加者を乗せた各船が一斉に出港。飯田純男さんはよしえ丸、鈴木新太郎さんはあままさ丸、阪本智子さんは天の清栄丸、2017年アングラーズアイドル波木井桃子さんは春栄丸にそれぞれ乗り込みました。

img04.jpg

img05.jpg

img06.jpg

出港からおよそ30分で船長おすすめのポイントに到着。全船がスタンバイ完了するのを待ち、午前5時、一斉に競技開始。「タナは13~16m」と船長の一声で一斉に仕掛けが投入されると、右舷トモの参加者がすぐさまアタリを引きます。形のいいイサキが一匹釣れ、みごとに早掛賞を獲得。他の参加者も負けじと竿をシャクり、対象魚のイサキを釣り上げます。同乗していた鈴木新太郎さん曰く、「今日は、天気も悪くないし、凪だし、絶好の釣り日和だね」と周りの期待を誘います。一通りイサキを釣り上げたところでなぜか、ピタリとアタリが出なくなりました。見切りをつけた船長がすぐさま移動を決断し、次のポイントへ。探見丸には魚群が見えてはいるのですが、なかなかアタリにつながりません。立ち上がりと打って変わって、釣りの厳しさを実感することとなりました。

img07.jpg

img09.jpg

img08.jpg

午前7時ごろ、朝の時合を抜けたのか、ウマヅラなどの他魚があがり始めます。お目当てのイサキとは違い残念そうな表情を浮かべます。日が昇るにつれて船上も徐々に暑くなり、たまらず上着を脱ぎ出す人もちらほら。魚の活性も落ち着きはじめ、釣果に個人差が見られるようになりました。イサキをまだ1匹しか釣れていないという人もいれば、すでに10匹以上をあげている人もいて、お互いに釣り上げた魚の数をうかがいます。

img10.jpg

img11.jpg

img12.jpg

後半もポイント移動を繰り返しながら、黙々と海に向かうアングラーたち。釣果の少ない参加者には、「1回シャクったら、1回巻いて」と船長が直々にアドバイス。その直後に、みごとイサキがヒットし、アドバイスを送った船長が1番驚いていました。疲れが見え始めた釣人たちですが、探見丸の画面に目を凝らしながら果敢に指示タナを攻めていきます。「ここまではっきりと海中のことがわかるんだね」「イサキみたいにタナを攻める釣りにはピッタリだ」「魚群がみえるからモチベーションが持続する」と探見丸の性能に驚いていました。落ち着いた状況の中、船上では和気あいあいとした雰囲気が流れます。

img15.jpg

img14.jpg

img13.jpg

残り1時間を切って、いよいよラストスパート。各船ともまだ優勝の行方が分からない中、船長も最後までポイント移動を繰り返します。しかし、良型のイサキが上がらず、非情にも時間切れのアナウンスが響きわたります。悔しそうな表情を見せるも、すぐにお互いの健闘を称え合う参加者たち。「大原のイサキは形がいい」「今日でコツは掴んだぞ」「来年は家族で参加したい」と満足そうでした。

img18.jpg

img16.jpg

img17.jpg

着岸後は、船ごとに参加者のイサキ5尾を計量し、各船1、2位を大会本部で本検量。その間、インストラクターとゲストによるトークショーが行なわれました。波木井桃子さんが「船長や参加者の方々に教えていただいて11匹も釣ることができました」と言うと、すかさず鈴木新太郎さんが「釣人はね、女性には優しいんですよ」と会場の笑いを誘っていました。また当日は、同漁港で大原名産である伊勢エビなどが販売される朝市が開催され、大勢のお客様が詰め掛けていました。

img19.jpg

img21.jpg

img21.jpg

img20.jpg

   

そして、大勢の人が見守る中、いよいよ注目の結果発表。まずは各船の竿頭賞の方が続々とステージに上がって、賞品を手にしていきます。竿頭賞の後は、レディース賞、ヤングアングラー賞の発表と続き、最後に総合順位の発表です。大漁の参加者もいましたが、全体的には渋めの釣果となった今大会。その中で、秀丸に乗船の高橋秀樹さんがイサキ5尾の合計2,850gを釣り上げ、見事総合優勝に輝きました。感想を聞かれて、「去年の優勝者のアドバイス通り、置き竿でいきました」と、今回は、水温の上昇もあってか、誘う釣りより待つ釣りに軍配が上がる結果となったようです。 また、地元企業をはじめ多くのご協賛をいただいている今大会。
表彰式後の抽選会では、地元大原の特産品やライトゲーム、自転車など、豪華賞品が盛りだくさん。会場は最後のさいごまで賑やかな雰囲気に包まれており、大盛況のうちに幕を閉じました。

img22.jpg

img23.jpg

img24.jpg

img26.jpg

img27.jpg

img28.jpg

  • 大会レポート
  • 探見丸船釣り大会TOPへ戻る
  • 成績表