2017

2017 シマノ・ジャパンカップ磯(グレ)釣り選手権大会

シマノ ジャパンカップ磯(グレ)釣り選手権大会シマノ ジャパンカップ磯(グレ)釣り選手権大会

インストラクター選抜戦 大会結果

全国大会進出権を獲得した上位4選手

全国大会進出権を獲得した上位4選手

第1位 小里 哲也 選手
第2位 平和 卓也 選手
第3位 田中 修司 選手
第4位 森井 陽 選手
日時 10月28日(土)
場所 宇和島湾内(愛媛県)
天候 雨時々曇り

10月28日(土)、愛媛県宇和島湾内の磯にて、2017シマノ・ジャパンカップ磯(グレ)釣り選手権インストラクター選抜戦が開催されました。

全国の名だたるシマノ磯インストラクター(アドバイザー、フィールドテスター含む)15選手による、全国大会出場権4枚のキップをかけた熾烈な戦いが繰り広げられました。

インストラクター選抜戦で使用した磯はセミファイナル大会同様、宇和島湾内ですが、湾口に近い釣場はセミファイナルで使用し、インストラクターの方々には若干釣果の劣る湾奥の磯を使用しました。

普段はエサが入っていないため朝イチは釣れ出しが遅いものの、一旦グレが寄ればコッパの大群。また、釣場によってはコアジの猛攻となり、名だたる名手たちはポイントやタナの見極めはもちろん、仕掛けやエサを工夫し、サイズUPを図ります。

さて、2時間2試合制の競技が終了。ほぼ均一した条件での試合で、15選手中2試合を連勝したのは5選手。

1位は小里 哲也選手、1987年の第3回大会で優勝し、2000年の第16回大会まで通算4回の全国制覇を成した徳島の重鎮。第1試合は僅差なものの、第2試合の3人対戦では、見事にコアジをかわし対戦する2選手共にダブルスコア近い釣果をたたき出し、圧倒する重量差を稼ぎ出し、トータル重量差で大きくリードしての快挙でした。第2試合での釣法は、マキエの先に遠投した大オモリ仕掛けをタナに到達後、マキエの下に持ってきて底にいる良型を引きずり出す作戦とのことでした。

2位は平和 卓也選手。1試合目はコッパ対決を僅差で交わしたものの、2試合目は1.5kg近くという圧倒的な差をつけて2位奪取。

3位は田中 修司選手が順当に連勝し、そして最後の枠、4位は森井 陽選手も連勝で滑り込みました。

今回の湾内対決、困難な状況での中、選手の皆様には最後まで大会を盛り上げていただきましたこと、スタッフ一同あらためて感謝する次第でございます。ご苦労さまでございました。

もっと見る

フォトレポート

インストラクター選抜戦帰港風景。

インストラクター選抜戦帰港風景。

見事1位に輝いた小里選手検量。

見事1位に輝いた小里選手検量。

2位入賞の平和選手検量。

2位入賞の平和選手検量。

3位入賞の田中選手検量。

3位入賞の田中選手検量。

4位入賞、森井選手の釣果。

4位入賞、森井選手の釣果。

吉田選手検量。

吉田選手検量。

集合写真。

集合写真。

フォトレポート

  • インストラクター選抜戦帰港風景。
  • 見事1位に輝いた小里選手検量。
  • 2位入賞の平和選手検量。
  • 3位入賞の田中選手検量。
  • 4位入賞、森井選手の釣果。
  • 吉田選手検量。
  • 集合写真。

成績表

※横スクロールでご覧いただけます

順位 選手名 試合区分 勝ポイント 重量差 釣果(g) 住所
1位 小里 哲也 選手 総合成績 6 1,814 2,905 徳島県徳島市
- - 第1試合 3 275 1,205 -
- - 第2試合 3 1,539 1,700 -
2位 平和 卓也 選手 総合成績 6 1,569 4,583 京都府舞鶴市
- - 第1試合 3 100 2,181 -
- - 第2試合 3 1,469 2,402 -
3位 田中 修司 選手 総合成績 6 744 4,218 大分県佐伯市
- - 第1試合 3 175 2,071 -
- - 第2試合 3 569 2,147 -
4位 森井 陽 選手 総合成績 6 743 4,727 徳島県徳島市
- - 第1試合 3 566 2,183 -
- - 第2試合 3 177 2,544 -

※敬称略

マークは全国大会進出権獲得選手です。

※旧字体はパソコンの種類によって表示出来ないものや、表示が変わってしまう場合があるため、略字体に修正させていただくことがございます。ご了承ください。

関連情報