2017

シマノ・ジャパンカップ 磯(グレ)釣り選手権大会

沖縄大会 大会結果

磯(グレ)釣り選手権大会

上位3名

優勝 古謝 義友 選手
準優勝 垣沼 翔太 選手
第3位 鈴木 碧 選手
日時 3月12日(日)
場所 那覇一文字(沖縄県)
天候 曇り時々晴れ
風向/風の強さ 東~南東 / 微風
気温 22度

2017年3月12日(日)、シマノ ジャパンカップ磯(グレ)釣り選手権・沖縄大会が沖縄県の那覇一文字で行なわれました。

大会前日は強い風雨に見舞われましたが、当日は収まり、天気も良く、釣り日和の中、開催することが出来ました。

競技は那覇一文字を「白灯台」、「赤灯台」、「北の新堤」、「北防波堤」の4つにブロック分けし、選手を均等に分けてスタート。
開始早々、白灯台でグレの釣果が上がり、序盤から期待度の高まる中、北の新堤、赤灯台と続けてグレの釣果を確認。
45.6cmの大型グレを筆頭に計6尾のグレが検量に持ち込まれ、他にもフカセ対象魚のアーガイやイラブチャー、トカジャーも顔を覗かせる、釣果に恵まれた大会となりました。

結果、45.6cmのグレを含む2尾の釣果で2,460gの釣果を記録した古謝 義友選手が2位の垣沼 翔太選手を大きく離し見事優勝。
セミファイナル進出権を掛けた5位はフカセ対象魚のアーガイを釣り上げた安里 敦選手が獲得。
計5名の選手が10月に行なわれるセミファイナル進出を決めました。

【順位決定方法】

沖縄独自のルールとして、魚種を3つにランク分けし、グレが最優先、次いで沖縄フカセ対象魚(イスズミ、サンノジ、ブダイ類)、次にその他の魚(長物は対象外)とし、魚種ランク優先のブロック横取り方式としました。

フォトレポート

セミファイナル進出5名

セミファイナル進出5名

1位 古謝選手

1位 古謝 義友選手

2位 垣沼選手

2位 垣沼 翔太選手

3位 鈴木選手

3位 鈴木 碧選手

4位 前濱選手

4位 前濱 健一選手

5位 安里選手

5位 安里 敦選手

6位 島選手

6位 島 克徳選手

8位 山下選手

8位 山下 康治選手

染谷選手

沖縄大会初参戦の染矢 美代選手も奮闘されました!

ラッキー賞

ラッキー賞:諸見里 伸吾選手

じゃんけん大会

ジャンケン大会

じゃんけん大会

集合写真

集合写真

成績表

セミファイナル
出場権
順位 ブロック
  • 釣果
  • 総重量(g)
選手名 住所 所属クラブ
1 新堤 2,460 古謝 義友 沖縄県嘉手納町 -
2 白灯台 1,540 垣沼 翔太 沖縄県那覇市 -
3 赤灯台 860 鈴木 碧 沖縄県那覇市 沖縄 釣煌鱠
4 白灯台 1,360 前濱 健一 沖縄県うるま市 ち~む敬真、CLUB PEACE
5 北防波堤 840 安里 敦 沖縄県中頭郡 チーム磯吉
  6 赤灯台 1,240 島 克徳 沖縄県沖縄市 -
  7 北防波堤 760 安田 一平 沖縄県沖縄市 SWFC
  8 白灯台 660 山下 康治 長崎県五島市 九州真グレ会、長崎南潮会、SWFC

※敬称略

※旧字体はパソコンの種類によって表示出来ないものや、表示が変わってしまう場合があるため、略字体に修正させていただくことがございます。ご了承ください。

釣果(g) 選手名 住所 所属クラブ
ラッキー賞 - 諸見里 伸吾 沖縄県宜野湾市 -

※敬称略

※旧字体はパソコンの種類によって表示出来ないものや、表示が変わってしまう場合があるため、略字体に修正させていただくことがございます。ご了承ください。