2017

2017 シマノ ジャパンカップ へら釣り選手権大会

2017 シマノ ジャパンカップ へら釣り選手権大会2017 ジャパンカップ へら釣り選手権大会

  • 大会速報
  • 成績表

シマノ ジャパンカップ へら釣り選手権全国大会 速報

上位3名

斉藤 心也選手、得意のチョウチンセットで全国を制する!
順位 氏名 釣果 枚数 釣り方
1 斉藤 心也 13.86 24 チョウチンセット
2 石倉 義久 13.12 26 浅ダナセット
3 黒田 友康 9.7 19   〃
4 天笠 充 8.89 17   〃
5 辛 宗泌 7.73 16 チョウチン・浅ダナセット
6 吉田 康雄 5.87 12 浅ダナセット
日時 2017年10月14日(土)、15日(日)
場所 富里乃堰(千葉県)
主催 株式会社 シマノ

2017年10月14日(土)・15日(日)千葉県「富里乃堰」にて第34回シマノジャパンカップへら釣り選手権全国大会が開催されました。

大会開催の数日前までは夏を思わせる天候でしたが、大会当日は一気に気温が10度以上も低下し、降雨と北東の風に大変厳しいコンディションとなりました。

全国大会進出選手は28名で、そのうち3名は前年度のシード選手、そして、2名は韓国大会で勝ち上がった選手となりました。

全国大会は全選手を3ブロックに分け、14日に2試合、15日に1試合行いその3試合の合計ポイント上位者6名が最終的なファイナリストとなります。

急激な冷え込みと降雨、そして冷たい風に食い渋りが予想されましたが、第1試合での最高釣果は3時間で16.67キログラムと上々のスタートとなりました。また、釣り方的には全体的に1メートルの浅ダナを攻める選手が多い傾向でした。

予選リーグ3試合を行い、決勝戦選出選手が確定し、10月15日(日)11時30分からいよいよ決勝戦が始まりました。今年も最後の最後まで白熱した戦いが続きましたが、良型を揃える釣りを選択した斉藤選手が釣りあげた枚数では2位の選手に及ばないものの740グラム差をつけて優勝となりました。

表彰台の一番高いところで、目に涙を浮かべた姿は感動的でした。

斉藤選手、おめでとうございます…

もっと見る

フォトレポート

フォトレポート

関連情報