2017

2017 シマノ・ジャパンカップ  鮎釣り選手権大会

2017 シマノ・ジャパンカップ  鮎釣り選手権大会2017 シマノ・ジャパンカップ  鮎釣り選手権大会

東海A大会 大会結果

上位3名

優勝 塚本 俊之 選手
準優勝 加藤 光一 選手
第3位 古山 貴史 選手
日時 6月10日(土)
場所 狩野川松ケ瀬(静岡)
天候 晴れ
風向 / 風の強さ 西南西 / 風速7~10m

2017年6月10日(土)、シマノジャパンカップ鮎釣り選手権・東海A大会が静岡県狩野川・松ヶ瀬にて開催されました。

今季は全国的に雨が少なく、狩野川も渇水で水位がかなり低くなっており、鮎が縄張りを持たず、群れ鮎化している状態。

また、大会当日は天気こそ良いものの、南西の風が強く、おとり鮎を安定させるのによもやの苦戦を強いられました。

ショートロッドを駆使したり、風の強い中、竿を上手くコントロールし、エリアを広く探った選手が釣果を得たようです。

そんなタフコンディションの中、1回戦・2回戦ともに7匹の釣果を記録された塚本 俊之選手が見事優勝。

また、最後のセミファイナル進出権を掛けたボーダーライン上に同匹数で4名の選手が並んでおり、1名が辞退されたため、3名で早掛けが行なわれ、伊藤 洋平選手が早掛けに成功。

計6名の選手がセミファイナル進出権を獲得されました。

なお、今大会で選手の釣られた鮎は地元老人ホームいちごの里様へ寄贈いたしました。

もっと見る

フォトレポート

セミファイナル進出者

セミファイナル進出者

鮎贈呈

鮎贈呈

ベテランアングラー賞:井上 壽弘 選手

ベテランアングラー賞:井上 壽弘 選手

ラッキー賞:伊藤 洋平 選手

ラッキー賞:伊藤 洋平 選手

お楽しみ抽選会賞:松阪牛

お楽しみ抽選会賞:松阪牛

お楽しみ抽選会賞:松阪牛

集合写真

集合写真

フォトレポート

  • セミファイナル進出者
  • 鮎贈呈
  • ベテランアングラー賞:井上 壽弘 選手
  • ラッキー賞:伊藤 洋平 選手
  • お楽しみ抽選会賞:松阪牛
  • お楽しみ抽選会賞:松阪牛
  • 集合写真

成績表

※横スクロールでご覧いただけます

セミファイナル
出場権
順位 釣果 選手名 住所 所属クラブ
1回戦匹数 2回戦匹数
1 7 7 塚本 俊之 静岡県焼津市 T.C.安倍藁
2 11 5 加藤 光一 長野県諏訪市 -
3 7 5 古山 貴史 東京都西多摩郡 桂FTT
4 7 5 白幡 光明 静岡県島田市 巴川遊鮎遊
5 8 4 野崎 洋美 山梨県上野原市 チームタイニー、旭友会
6 10 3 伊藤 洋平 東京都品川区 TEAM TINY
7 11 3 鈴木 慶太 東京都稲城市 狩野川リバースターズ
7 10 3 桑原 健 岐阜県郡上市 北師会
9 8 3 井上 壽弘 静岡県伊東市 青鮎塾
10 11 2 河野 誠毅 神奈川県横浜市 -
11 9 2 中村 勝 神奈川県横浜市 -
11 9 2 萩原 彰一 山梨県甲府市 -
13 8 2 戸丸 徳之 群馬県藤岡市 -
14 7 2 篠崎 武男 栃木県真岡市 -
14 7 2 小林 洋二 静岡県静岡市 -
14 7 2 内田 邦夫 神奈川県茅ヶ崎市 -
14 7 2 柳楽 武久 山梨県都留市 -
18 6 2 塩谷 和仙 山梨県南アルプス市 -
18 6 2 小林 進 山梨県上野原市 -
18 6 2 池田 英人 神奈川県横浜市 -

※敬称略

※旧字体はパソコンの種類によって表示出来ないものや、表示が変わってしまう場合があるため、略字体に修正させていただくことがございます。ご了承ください。

※横スクロールでご覧いただけます

釣果(匹数) 選手名 住所 所属クラブ
ベテランアングラー賞 3 井上 壽弘 静岡県伊東市 青鮎塾
ラッキー賞 - 伊藤 洋平 東京都品川区 TEAM TINY

※敬称略

※旧字体はパソコンの種類によって表示出来ないものや、表示が変わってしまう場合があるため、略字体に修正させていただくことがございます。ご了承ください。

関連情報