2016

第2回 炎月×FREE SLIDE 鯛ラバCUP 2016

決勝大会 大会結果

優勝 山本 和人 選手
準優勝 杉村 武 選手
第3位 河野 好勇 選手
日時 2016年10月22日(土)
場所 福岡県北九州市 門司大里港
天候 曇り時々雨

釣場の状況:ポイントは港から90分先の角島沖。つい数日前までは調子良かった釣果も下降気味、決して抜群の状況とは言えない中出船。波風はそこまでなかったが、朝を中心に冷たい雨が降った。

全体的な釣果:全体的に渋い釣況。釣れても小型が多く、ある程度の型の魚を複数枚釣れるかどうか、そこに尽きる大会となった。

上位は接戦?横取り方式を採用したが、上位3名の釣果が1kg以内の接戦となった。

ブロック分けをしたときのトピックス:四季丸・祥季丸の二船による横取り方式を採用。当初参加予定14名だったため、各船7名ずつの船割だったが、当日欠番1名が出たため「四季丸6名」「祥季丸7名」での大会となった。

その他:予選の北九州大会同様、北九州市門司大里港を大会本部とし、四季丸、祥季丸の2船で競技を行った。初めての決勝大会ということで、とにかく当日は安全第一の大会を心がけ、無事事故もなく終えることができた。遠方では岡山からいらっしゃった選手もいて、鯛ラバと当大会への情熱を感じさせていただいた。

釣れた魚はイケスで活かしたまま帰港し、帰港後船長様、ポーター様による血抜き、神経締めの処理が完璧に施され、検量へ持ち込まれた。表彰式では上位入賞者への庄山英伸氏によるインタビューが行われ、進化を続けるタイラバタックル、テクニック等の話題に、多くの選手が耳を傾けた。

フォトレポート

優勝:山本 和人 選手

優勝:山本 和人 選手

準優勝:杉村 武 選手

準優勝:杉村 武 選手

第3位:河野 好勇 選手

第3位:河野 好勇 選手

釣果写真1

釣果写真1

釣果写真2

釣果写真2

釣果写真3

釣果写真3

釣果写真4

釣果写真4

釣果写真5

釣果写真5

釣果写真6

釣果写真6

釣果写真7

釣果写真7

釣果写真8

釣果写真8

 

乗船風景

乗船風景

景品(船長賞)

景品(船長賞)

四季丸

四季丸

祥季丸

祥季丸

成績表

順位
  • 釣果
  • 重量(kg)
選手名 住所 ブロック
1 4.61 山本 和人 熊本県熊本市 祥季丸
2 3.68 杉村 武 熊本県熊本市 四季丸
3 3.61 河野 好勇 大分県大分市 四季丸

※敬称略