2016

2016 シマノ・ジャパンカップ磯(グレ)釣り選手権大会

セミファイナル 九州大会 大会結果

磯釣り選手権大会 2016シマノ・ジャパンカップ セミファイナル

全国大会進出権を獲得された上位8選手

全国大会進出権を獲得された上位8選手
大津 祥悟 選手
幸喜 一樹 選手
松村 真吾 選手
染矢 正昭 選手
嶋田 誠也 選手
山城 拓也 選手
播磨 聡 選手
服部 裕雄 選手
日時 2016年10月15日(土)
場所 鶴見(大分県)
天候 晴れ

10月15日(土)、大分県鶴見の磯にて、2016シマノ・ジャパンカップ磯(グレ)釣り選手権セミファイナル九州大会が開催されました。
出場は、九州・沖縄の地区大会6大会を勝ち抜いた41選手に、シード9選手を加えた50選手。
マンツーマンで2時間の2試合、合計ポイントと平均占有率で、全国大会へ8名の進出枠をかけて熾烈な戦いが繰り広げられました。

終日、晴れ間の広がる天候ではあったものの、沖合では波がうねりを伴っている様子。
したがって大会エリアは、一般のお客様も沖磯を避けて湾内におられることを視野に入れ、湾内でもかなり手前の磯を設定いたしました。当然、サイズダウンが強いられますので、マンツーマンの両者に検量釣果が無いという事態を極力避けるべく、今回は規定寸法を無くしての5匹重量といたしました。
使用する渡船は2隻で、船同士の釣果を極力均衡させるべく、双方の船は第1試合・第2試合で渡礁する磯をそのまま入れ替えることを原則とするものの、第1試合でマンツーマンの両選手に釣果が無い場合は、潮の好転が期待されないと予測した時は、臨機応変に磯を変える等の配慮をいたしました。
また、2隻がたとえ同じ磯を使うとしても、潮による時合い等での不公平を最大限に避けるべく、順位決定は全体順位ではなく、2隻の横取り方式といたしました。

早朝の渡礁が完了し、6時30分~7時にかけて渡礁時刻を考慮して第1試合が開始されました。
そして、第1試合が終了し、磯替わりと対戦相手入れ替えで、順次、選手が乗船してきます。
乗船してくる選手の表情は、第1試合の勝利を確信し第2試合に意気込む選手や、拮抗した試合展開を物語る選手と十人十色です。
第2試合も準備時間を均等にすべく、渡礁後、約15分後に試合開始といたしました。
そしていよいよ第2試合も滞りなく終了し、帰港します。

帰港後はすぐに検量が行なわれました。
全選手に見守られながらゼッケン番号順に検量を行なっていきます。
検量の結果に安堵する選手や、僅差で敗戦を喫した選手、2勝したものの重量が僅差だった選手…、全選手が真剣な面持ちで検量を見守りました。

そして検量の結果、全国大会進出された8名の選手の皆様、おめでとうございます。全国大会でのご活躍を祈念いたします。
一方、接戦を競り勝って連勝したにもかかわらず涙をのんだ濱田治孝選手、仲本等選手、本当に残念でございました。
そして、本来の実力を発揮できなかった多くの選手の皆様、この悔しさを励みに来年もこのセミファイナルに進出され、全国大会を目指されますことを願います。

今回も、選手の皆様には最後まで大会を盛り上げていただき、真剣に競技していただけましたこと、また、渡礁時など、選手の皆様が一体となってご協力いただきましたこと、スタッフ一同あらためて感謝する次第でございます。本当にありがとうございました。

フォトレポート

まだまだ暗いうちから開始された受付では2試合における抽選と検量袋が配布される。

受付後の競技説明では規定寸法の変更を含む重要事項の説明が行なわれた。

まだまだ暗いうちから開始された受付では2試合における抽選と検量袋が配布される。

受付後の競技説明では規定寸法の変更を含む重要事項の説明が行なわれた。

出船前には全選手タックルチェックが行なわれる。

帰港後は全選手協力のもと、荷物運びをお手伝いいただきました。

出船前には全選手タックルチェックが行なわれる。

帰港後は全選手協力のもと、荷物運びをお手伝いいただきました。

全体的に磯のコンディションは芳しくなく、お互いに拮抗した試合展開の磯が多かったこともあり、検量が終わるまで結果が分からない状態となった。

全体的に磯のコンディションは芳しくなく、お互いに拮抗した試合展開の磯が多かったこともあり、検量が終わるまで結果が分からない状態となった。

全体的に磯のコンディションは芳しくなく、お互いに拮抗した試合展開の磯が多かったこともあり、検量が終わるまで結果が分からない状態となった。

全体的に磯のコンディションは芳しくなく、お互いに拮抗した試合展開の磯が多かったこともあり、検量が終わるまで結果が分からない状態となった。

常勝選手で今大会もシード出場の小松選手。最長寸を持ち込むも、残念な成績となりました。

参加記念品とお弁当を配布。

常勝選手で今大会もシード出場の小松選手。最長寸を持ち込むも、残念な成績となりました。

 

今大会に出場した選手たち

今大会に出場した選手たち

成績表

順位 選手名 試合区分 ブロック 順位 勝ち点 重量差 釣果(g) 住所
Aブロック1位 大津 祥悟 選手 総合成績 A 1 6.0 2,729 3,029 熊本県熊本市
- - 第1試合 A-10 - 3.0 720 1,020 -
- - 第2試合 A-13 - 3.0 2,009 2,009 -
順位 選手名 試合区分 ブロック 順位 勝ち点 重量差 釣果(g) 住所
Bブロック1位 幸喜 一樹 選手 総合成績 B 1 6.0 1,897 1,897 沖縄県沖縄市
- - 第1試合 B-22 - 3.0 373 373 -
- - 第2試合 B-11 - 3.0 1,524 1,524 -
順位 選手名 試合区分 ブロック 順位 勝ち点 重量差 釣果(g) 住所
Aブロック2位 松村 真吾 選手 総合成績 A 2 6.0 2,391 3,276 宮崎県都城市
- - 第1試合 A-4 - 3.0 557 1,442 -
- - 第2試合 A-23 - 3.0 1,834 1,834 -
順位 選手名 試合区分 ブロック 順位 勝ち点 重量差 釣果(g) 住所
Bブロック2位 染矢 正昭 選手 総合成績 B 2 6.0 1,795 3,442 大分県佐伯市
- - 第1試合 B-25 - 3.0 956 2,603 -
- - 第2試合 B-14 - 3.0 839 839 -
順位 選手名 試合区分 ブロック 順位 勝ち点 重量差 釣果(g) 住所
Aブロック3位 嶋田 誠也 選手 総合成績 A 3 6.0 1,881 2,509 大分県大分市
- - 第1試合 A-16 - 3.0 572 1,200 -
- - 第2試合 A-11 - 3.0 1,309 1,309 -
順位 選手名 試合区分 ブロック 順位 勝ち点 重量差 釣果(g) 住所
Bブロック3位 山城 拓也 選手 総合成績 B 3 6.0 703 1,951 沖縄県浦添市
- - 第1試合 B-11 - 3.0 491 1,739 -
- - 第2試合 B-26 - 3.0 212 212 -
順位 選手名 試合区分 ブロック 順位 勝ち点 重量差 釣果(g) 住所
Aブロック4位 播磨 聡 選手 総合成績 A 4 6.0 1,014 2,456 大分県大分市
- - 第1試合 A-13 - 3.0 332 1,302 -
- - 第2試合 A-2 - 3.0 682 1,154 -
順位 選手名 試合区分 ブロック 順位 勝ち点 重量差 釣果(g) 住所
Bブロック4位 服部 裕雄 選手 総合成績 B 4 6.0 436 973 福岡県大川市
- - 第1試合 B-1 - 3.0 182 719 -
- - 第2試合 B-16 - 3.0 254 254 -

※敬称略 ※マークは全国大会進出権獲得選手です。

※旧字体はパソコンの種類によって表示出来ないものや、表示が変わってしまう場合があるため、略字体に修正させていただくことがございます。ご了承ください。