2016

第32回 シマノ・ジャパンカップ 鮎釣り選手権大会

東北大会 大会結果

シマノ ジャパンカップ 鮎釣り選手権大会

優勝 小山 清二 選手
準優勝 久保 勇一 選手
第3位 田中 竹志 選手
日時 2016年7月10日(日)
場所 小国川(山形県)
天候 曇り
風向/風の強さ 南西/0.5~3m

2016年7月10日(日)山形県小国川にて、シマノジャパンカップ鮎釣り選手権・東北大会が開催されました。

河川工事に伴い、ポイントが大幅に変化していた今年の小国川。
従来A・Bの2ブロック制を採用しておりましたが、今回はブロック分けをせずに行ないました。

大会前々日からの降雨で30~50cmほど水位が上昇しており、ささ濁りが入っていましたが、時間の経過とともに濁りも取れ、水位も平水にまで回復。
しかし増水の影響で流芯のアカは飛んでおり白川状態。
低水温・低活性の中、残りアカを見つけることが上位進出のカギとなりました。

その様な厳しい状況の小国川を制したのは1回戦9匹、2回戦13匹の安定した釣果を記録した小山 清二選手。
なんと今年でジャパンカップ鮎東北大会3年連続優勝。
小山選手を合わせ計12名の選手が東北代表としてセミファイナル進出権を獲得されました。

なお、今大会で選手の釣られた鮎は地元社会福祉施設に寄贈いたしました。

また、今回は熊本地震の義援金箱を設置し、選手の皆様へご協力を呼びかけました。
皆様のご協力に主催者一同感謝いたします。誠にありがとうございました。

フォトレポート

セミファイナル大会進出を決めた12選手

セミファイナル大会進出を決めた12選手

1回戦競技風景

1回戦競技風景

2回戦競技風景

2回戦競技風景

小国川漁業協同組合 高橋組合長 御挨拶

小国川漁業協同組合 高橋組合長 御挨拶

社会福祉施設 光生園 様 御挨拶

社会福祉施設 光生園 様 御挨拶

優勝:小山 清二選手 表彰式

優勝:小山 清二選手 表彰式

選手の釣られた鮎は地元社会福祉施設 光生園様に寄贈いたしました

選手の釣られた鮎は地元社会福祉施設 光生園様に寄贈いたしました

ベテランアングラー賞:高橋 宣之 選手

ベテランアングラー賞:高橋 宣之 選手

ラッキー賞:石田 舜 選手

ラッキー賞:石田 舜 選手

お楽しみ抽選会賞:松阪牛

お楽しみ抽選会賞:松阪牛

お楽しみ抽選会賞:松阪牛

愛すべき私たちのフィールドのためにできること SHIMANO CLEAN UP PROJECT

愛すべき私たちのフィールドのためにできること SHIMANO CLEAN UP PROJECT

成績表

セミファイナル
出場権
順位
  • 釣果
  • 1回戦(匹数)
  • 釣果
  • 2回戦(匹数)
選手名 住所 所属クラブ
1 9 13 小山 清二 宮城県仙台市 -
2 8 12 久保 勇一 青森県十和田市 -
3 8 12 田中 竹志 埼玉県志木市 -
4 10 11 宮原 勝好 静岡県静岡市 宮原おとり店
5 8 11 手塚 正人 栃木県宇都宮市 チームPAL
6 7 10 古澤 和美 山形県東村山郡 匠鮎会
7 7 10 岡崎 孝 栃木県那須郡 鮎追い人
8 10 9 沖田 利幸 山形県西置賜郡 匠鮎会、ペガサスセブン
9 10 9 平谷 浩二 岩手県盛岡市 -
10 9 9 佐藤 源一 秋田県湯沢市 皆瀬川MAC
11 9 9 草刈 親泰 宮城県白石市 サンデークラブ
12 8 9 木村 慶貴 栃木県矢板市 Dキャチャーズ
  13 8 8 大川 直樹 新潟県長岡市 新潟流遊倶楽部
  14 7 8 板谷越 稔  新潟県胎内市 新浮流遊クラブ
  14 7 8 早坂 市郎兵衛 山形県山形市 匠鮎会
  16 11 7 長澤 英明 山形県最上郡 小国川FC
  17 8 7 千葉 浩之 岩手県一関市 小国川FC、鮎追い人
  18 7 7 前川 敦史 岩手県盛岡市 -

※敬称略

※旧字体はパソコンの種類によって表示出来ないものや、表示が変わってしまう場合があるため、略字体に修正させていただくことがございます。ご了承ください。

釣果(匹数) 選手名 住所 所属クラブ
ベテランアングラー賞 12 高橋 宣之 山形県山形市 山形香友会
レディース賞 7 長沢 よしみ 千葉県千葉市 -
ラッキー賞 - 石田 舜 新潟県村上市 PROUDANGLERS

※敬称略

※旧字体はパソコンの種類によって表示出来ないものや、表示が変わってしまう場合があるため、略字体に修正させていただくことがございます。ご了承ください。