2016

第32回 シマノ・ジャパンカップ 鮎釣り選手権大会

関西A大会 大会結果

シマノ・ジャパンカップ 鮎釣り選手権大会

優勝 吉田 大修 選手
準優勝 辻 泰司 選手
第3位 土師 直人 選手
日時 2016年6月4日(土)
場所 日高川(和歌山県)
天候 晴れのち曇り
風向/風の強さ 東/微風
水温 16度

2016年6月4日(土)、シマノ・ジャパンカップ鮎釣り選手権・関西A大会が和歌山県日高川にて開催されました。
ここ2週間ほど雨が降らず、やや渇水気味ではありましたが、アカを喰む鮎の姿は十分見えています。
当日の天気は晴れのち曇り。下り坂ながらも大会中に雨が降ることはありませんでした。

今大会は全体の釣果向上と、ブロック違いによる釣果の差を極力減らすべく、エリア決定に際して事前の綿密な調査を行ないました。
これに基づき、釣場は大会本部からは離れましたが、比較的釣果の多い上流部を中心にブロック分けを行ないました。

1回戦はA、B、Cの3ブロックに分かれ、各ブロックの上位5名が2回戦進出となります。
トップはBブロックの12匹。Aブロックでは11匹、Cブロック9匹となりました。
一見Cブロックは釣果が低いようですが、2回戦突破のボーダーラインが3ブロック中最も高い7匹であり、最も釣果が安定したブロックとなりました。

2回戦はこのCブロックを舞台に行われました。優勝は吉田 大修選手。2位辻 泰司選手、3位土師 直人選手となり、最後の切符を早掛けで制した久保 勝彦選手を含めた4名がセミファイナル進出となりました。

選手の皆様からご寄贈いただいた釣果のアユは、例年通り龍神村行政局を通じて地元福祉施設へ寄贈させていただきました。

今回はあまり好釣果とはいえませんでしたが、日高川は7月に入ると型・数とも申し分のないアユの好漁場に変わります。
みなさんも水清くアユのおいしい日高川へぜひ釣行してみて下さい。

フォトレポート

セミファイナル進出を決めた選手

セミファイナル進出を決めた選手

競技風景

競技風景

閉会式

閉会式

ベテランアングラー賞:余吾 道男 選手

ベテランアングラー賞:余吾 道男 選手

レディース賞:前川 郁子 選手

レディース賞:前川 郁子 選手

ラッキー賞:的場 博史 選手

ラッキー賞:的場 博史 選手

お楽しみ抽選会賞:松阪牛

お楽しみ抽選会賞:松阪牛

お楽しみ抽選会賞:松阪牛

お楽しみ抽選会賞:松阪牛

選手の釣られた釣果の鮎は龍神村行政局を通じて、地元施設へ寄贈させていただきました。

選手の釣られた釣果の鮎は龍神村行政局を通じて、地元施設へ寄贈させていただきました。

愛すべき私たちのフィールドのためにできること SHIMANO CLEAN UP PROJECT

愛すべき私たちのフィールドのためにできること SHIMANO CLEAN UP PROJECT

成績表

セミファイナル
出場権
順位
  • 釣果
  • 1回戦(匹数)
  • 釣果
  • 2回戦(匹数)
選手名 住所 所属クラブ
1 10 7 吉田 大修 兵庫県宍粟市 TEAM 45
2 8 7 辻 泰司 和歌山県海南市 なし
3 8 7 土師 直人 大阪府大阪市 紀州ちろりん会
4 7 6 久保 勝彦 兵庫県姫路市 -
  5 7 6 門﨑 芳男 兵庫県尼崎市 -
  6 7 5 綾部 陽介 大阪府池田市 -
  7 12 4 古根川 善康 和歌山県田辺市 -
  8 11 4 上西 啓文 和歌山県有田郡 関西友心会
  9 9 4 喜多 淳 奈良県生駒市 あまがせ 鮎遊会
  9 9 4 松本 一平 和歌山県田辺市 日高川龍水会
  11 5 4 河野 誠毅 神奈川県横浜市 Team Jack
  12 7 3 南 教 三重県熊野市 大石道場
  12 7 3 森永 敦朗 奈良県香芝市 大和渓流会
  14 6 3 杉本 正明 京都府綾部市 -
  15 8 2 渡辺 亮 大阪府枚方市 四季楽釣会

※敬称略

※旧字体はパソコンの種類によって表示出来ないものや、表示が変わってしまう場合があるため、略字体に修正させていただくことがございます。ご了承ください。

釣果(匹数) 選手名 住所 所属クラブ
ベテランアングラー賞 4 余吾 道男 京都府京都市 -
レディース賞 5 前川 郁子 奈良県宇陀郡 鎧岳釣友会
ラッキー賞 - 的場 博史 大阪府東大阪市 -

※敬称略

※旧字体はパソコンの種類によって表示出来ないものや、表示が変わってしまう場合があるため、略字体に修正させていただくことがございます。ご了承ください。