2015

セフィア エギングパーティー

  • 大会レポート
  • 成績表

セフィア エギングパーティー 2015 シマノ セフィア エギングパーティー

大会ダイジェスト

新潟大会

日時

2015年9月12日(土)

場所

新潟県長岡市 野積海水浴場駐車場

競技時間は当日の夜明けから13:30まで。ルールはショアからのエギングで釣った、胴長10㎝以上のアオリイカ2杯の総重量で競います。競技エリアは自由。どこへ行っても13:30には本部に帰着し、受付と検量を済ませればOKという形式。

大会当日、笛木 展雄さんをはじめ、富所 潤さん、彼方 茜香さん、荒井 沙織さんの豪華メンバーが本部周辺の釣場を巡回していきます。
そこでお会いした参加選手とハイ、ポーズ!

フィールドでお会いした参加選手に励ましの言葉を送り、10:30から始まるセフィアタックルトライアルに向けて一路大会本部を目指します!

10:30からはセフィアタックルトライアルが始まります。
ご来場いただいた選手の皆様に触れていただこうと、用意したタックルは今季発売のNEWセフィアBBをはじめ、セフィア XTUNE、セフィア CI4+、インナーガイドのセフィアSI、リールはHAGANEギアを搭載したステラをはじめとするNEWツインパワーNEWセフィアSSストラディックヴァンキッシュ、セフィアCI4+と圧巻の合計18セット。
触るだけではなく、実際にエギを装着しての試投もできるんです!
笛木さんと富所さんの濃厚なタックル解説に聞き入る選手の姿が印象的でした。

ほどなくして、参加選手が続々と本部へ集結しはじめました。
そんな中、「釣れました!」と意気揚々な選手が。
その手にはなんとスルメイカが!

中には串焼きにしたイカを持ち込む選手まで。
ユーモアあふれる選手の登場に、会場が笑顔に包まれます。

少しの間穏やかな時間が流れました。
富所さんや彼方さんと雑談する選手。

彼方さんファンの選手。ステッカーを手にご満悦。
エギパラは欠かさずに観ているとか。

12:00、いよいよ受付と検量の開始です。
続々と選手が帰着を済ませます。

前日までの大雨の影響で、かなりの水潮に濁りが入り、非常に厳しいコンディションでしたが、想像以上にたくさんの釣果が持ち込まれました。

「ヒットしたエギはなんですか?」
というMC荒井さんの問いかけに選手が見せてくれたのはエギザイル4×4Tune ラウドネス 2.5号FSモデル!
お見事です!

13:00からはいよいよセフィアミーティングの始まりです!
笛木さん、富所さん、彼方さんの3名にフィールドコンディションによるエリア選定方法や、推薦タックル等、様々なお話をしていただきました。

選手の皆さんは興味津々!

そして表彰式!
タフコンディションの中、キッチリ釣ってくるところは見事です!
上位3名の選手がお立ち台へ

1位 米持 尚 選手
2位 岡本 泰男 選手
3位 松本 洋一 選手


上越方面へ釣行し、水潮を避けた選手に釣果があったようです。
おめでとうございます!

そして大会の最後を飾るのは、参加選手全員に豪華賞品の当たるお楽しみ抽選会。
笛木さん、富所さんもほしいと唸る賞品が勢ぞろい!

松阪牛も当たります!

抽選で残念ながら名前を呼ばれなかった選手もセフィア4×4 2.2号のオリジナルカラーをプレゼント!


大盛況のうちに大会を終了することが出来ました。