2014

探見丸船釣り大会 Fishing Tournament

  • 大会レポート
  • 大会ダイジェスト
  • 成績表
  • 大会コメント

大会ダイジェスト

探見丸船釣り大会 いすみ市大原港船釣り大会

午前3時半、夜明け前のまだ薄暗い中、会場にはすでに多くの参加者が集結。受付を済ませ、釣り談義に花を咲かす釣り人、釣りの準備に余念のない釣り人、さらには探見丸貸出コーナーで、熱心にシマノスタッフの製品説明に聞き入る釣り人など、それぞれが思い思いに開会式までの時間を待ちます。

受付が一段落ついたところで、午前4時からは各船船長の紹介、大会における注意点のアナウンス、インストラクター・スペシャルゲストの紹介など開会式が行われ、その後、各自準備を整えたところで乗船を開始。午前4時半、参加者を乗せた船が一路沖合のポイントに向けて、一斉に出港となりました。

およそ30分でポイントに到着。全船がポイントに到着するのを待ち、午前5時、一斉に競技開始となりました。船長の話によると、ここ数日イサキの釣果は好調らしく、数、サイズともに期待できるポイントとのこと。「タナは20~23m」。船長の指示ダナに仕掛けが投入されると、予想通り一流し目からアタリは活発で、ダブル、トリプルと良型のイサキが次々と船内に釣り上げられていきます。なかにはジュニアアングラーの姿も見受けられ、お父さんのレクチャーを受けながらさっそく手にしたイサキに大満足している様子でした。
しかし、しばらくするとアタリが止まり、ポイントを移動。魚群の反応はあるものの、潮の流れが速く、ポイントから直ぐにズレて、食いが続かない状況のようで、こまめにポイント移動を繰り返すパターンで序盤戦が進みます。

午前6時半ごろ、朝の時合を抜けたのか、ウマヅラなどの外道が目立ち始めます。そんな船内が少し落ち着き始めたところで、最初の早掛け賞が行われました。「タナは18~21m」。同乗していたシマノフィールドテスター鈴木新太郎さんの合図に再び船内が活気づきます。先に船内に上げた人に権利がある早掛け賞。一斉に仕掛けが投入された後すぐ、ほぼ二人同時にアタリがあり、白熱した巻き上げ勝負を制した釣り人は、会心の笑みをカメラに向けてくれました。

ポイント移動を繰り返しながら着々と釣果を積み上げていく展開で、多い人で良型のイサキがクーラーの中に30尾以上。釣り人たちも、細かく誘い、誘っては止め、探見丸の画面に目を凝らしながら指示タナを積極的に攻めていきます。イサキ釣りのようにタナを探る釣りの場合、探見丸はその作業が目に見えて分かるので、釣りの楽しさがさらに広がります。また、1尾かけても、探見丸の魚影を見ながら2尾目・3尾目を狙っていく。そんな探見丸を活用したダブル、トリプルも数多く見られました。

残り1時間を切って、いよいよラストスパート。各船ともまだ優勝の行方が分からない中、船長も最後のチャンスを目指して大型狙いのポイントへと移動します。そのポイントでは、数こそ少ないものの、上がってくるのは良型のイサキばかり。すると、しばらくして左舷トモの方から声が上がりました。釣り上げられたのは真鯛。最後に飛び出したうれしい釣果で、船内がいっそう賑やかなムードに包まれます。
そして最後の流しでは2回目の早掛賞が行われ、そのままタイムアップ。ほとんどの参加者が納得の釣果で、最終順位が楽しみな中、納竿となりました。

着岸後は船ごとに参加者のイサキ5尾を計量し、各船1、2位を大会本部で本軽量。その間、シマノインストラクターの飯田純男さん、鈴木新太郎さん、阪本智子さんによるトークショーが行われ、笑いあり、釣りテクニックの話がありと、集計を待つ時間があっという間に過ぎていきました。

そして、大勢の人が見守る中、いよいよ注目の結果発表。まずは各船の竿頭賞の方が続々とステージに上がって、賞品を手にしていきます。竿頭賞の後は、他魚の部、レディース賞、ジュニア賞の発表と続き、最後に総合順位の発表です。全体的に好釣果となった今大会、その中で鈴栄丸乗船のスズキアキラさんがイサキ5尾の合計2,589gを釣り上げ、見事総合優勝に輝きました。

表彰式の後は、協賛各社から提供の賞品や地元大原の海産物、さらにはマウンテンバイクやシマノタックルなど豪華賞品が当たる抽選会が行われ、会場は大賑わい。多くの参加者が賞品と好釣果を土産に笑顔で会場を後にし、今年も大盛況のうちに大会の幕を閉じました。

  • 大会レポート
  • 探見丸船釣り大会TOPへ戻る
  • 成績表