2014

第30回 シマノ・ジャパンカップ磯(グレ)釣り選手権大会

セミファイナル 四国大会 大会結果

磯釣り選手権大会 2014シマノ・ジャパンカップ セミファイナル

全国大会進出権を獲得された上位5選手(左から)

全国大会進出権を獲得された上位4選手
守田 洋 選手
山本 俊介 選手
小谷 さとし 選手
小松 和伸 選手
日時 2014年11月1日(土)
場所 日振島(愛媛県)
天候 曇り時々雨

11月1日(土)、愛媛県日振島の磯にて、2014シマノ・ジャパンカップ磯(グレ)釣り選手権セミファイナル四国大会が開催されました。
中四国で開催された地区大会勝ち抜き選手に、シード選手を加えた20選手による、全国大会出場権4枚のキップをかけた熾烈な戦いが繰り広げられました。
今シーズンの日振島は釣況が悪く、シーズン初期ではあるものの良型が少なく、かつ磯によってはキーパーサイズすら困難な状況。前日の下見選手の情報をふまえ、慎重に検討した結果、対戦同士2名釣果ナシという不運な結果を避けるべく、今回は規定寸法に制限を設けない5匹重量といたしました。
セミファイナル会場は一般の釣り客様に配慮し、同日開催されたインストラクター戦も含めて、島の北側(裏磯)としましたが、その中でもセミファイナル大会は、より満足度を高めていただくべく比較的良型が望めるサイゾウ鼻を中心に設定いたしました。
午前7時前後、各磯に分かれた選手は、渡礁15分後をメドに、全国大会を目指しマンツーマンによる2時間×2試合が行なわれました。
今回の日振島、非常に厳しいコンディションではございましたが、同日開催のインストラクター選抜戦の倍近い釣果となる2試合合計で79キロという結果を出され、あらためて選手のレベルの高さを実感いたしました。また、磯によっては良型が出たものの、苦戦する磯も散見され、規定寸法ナシとした結果、第1第2試合を通じて全試合で、対戦2名とも釣果ゼロの引き分けが無く、苦しい状況の中でも勝つか負けるかという実力発揮の試合をしていただけたと考えます。

さて、2時間2試合が終了し、2試合を連勝で飾ったのは6選手。
うち、見事に全国進出を果たされた4選手は、1位が2年連続でセミファイナルを勝ち抜かれた山口県光市・守田 洋(モリタ ヒロシ)選手、続く2位は大阪市・山本 俊介(ヤマモト シュンスケ)選手、第3位も2年連続となる岡山県倉敷市・小谷 さとし(コタニ サトシ)選手、そして第4位は広島市・小松 和伸(コマツ カズノブ)選手となりました。
おめでとうございます。セミファイナル四国大会からの全国制覇を祈念いたします。
一方、接戦を競り勝って連勝したものの、占有率の差で涙をのんだ第5位の広島県江田島市・名島 義久(ナジマ ヨシヒサ)選手、第6位の徳島市・湯浅 誠一(ユアサ セイイチ)選手、本当に残念でございました。
また、本来の実力を発揮できなかった多くの選手の皆様、この悔しさを励みに来年もこの場に来ていただき、全国大会を目指されますことを願います。

選手の皆様には厳しい釣況に加え、時折降る辛い雨や風の中、真剣に競技していただき、そして表彰式の最後まで大会を盛り上げていただきましたこと、スタッフ一同あらためて感謝する次第でございます。本当にありがとうございました。

フォトレポート

早朝からの受付では2試合の組み合わせを決める抽選が行なわれる。

受付後は重要事項に的を絞った競技説明が行なわれた。

出船前のタックルチェックはいつも通り、スタッフにより入念に行われた。

早朝からの受付では2試合の組み合わせを決める抽選が行なわれる。

受付後は重要事項に的を絞った競技説明が行なわれた。

出船前のタックルチェックはいつも通り、スタッフにより入念に行われた。

渡礁や乗船には常に2名のスタッフがポーターとしてサポートに回ったが、選手の皆様が率先してお手伝い下さり、船内は終始和やかな雰囲気が漂っていた。

渡礁や乗船には常に2名のスタッフがポーターとしてサポートに回ったが、選手の皆様が率先してお手伝い下さり、船内は終始和やかな雰囲気が漂っていた。

渡礁や乗船には常に2名のスタッフがポーターとしてサポートに回ったが、選手の皆様が率先してお手伝い下さり、船内は終始和やかな雰囲気が漂っていた。

とにかく良型が目立った今大会、選手の検量袋からは次々と型の良いグレが飛び出した。

とにかく良型が目立った今大会、選手の検量袋からは次々と型の良いグレが飛び出した。

とにかく良型が目立った今大会、選手の検量袋からは次々と型の良いグレが飛び出した。

とにかく良型が目立った今大会、選手の検量袋からは次々と型の良いグレが飛び出した。

とにかく良型が目立った今大会、選手の検量袋からは次々と型の良いグレが飛び出した。

とにかく良型が目立った今大会、選手の検量袋からは次々と型の良いグレが飛び出した。

とにかく良型が目立った今大会、選手の検量袋からは次々と型の良いグレが飛び出した。

とにかく良型が目立った今大会、選手の検量袋からは次々と型の良いグレが飛び出した。

とにかく良型が目立った今大会、選手の検量袋からは次々と型の良いグレが飛び出した。

とにかく良型が目立った今大会、選手の検量袋からは次々と型の良いグレが飛び出した。

とにかく良型が目立った今大会、選手の検量袋からは次々と型の良いグレが飛び出した。

常勝メンバーとなりつつある篠原豊選手。一回りも二回りも年の離れた選手を相手に負けず劣らずの奮闘ぶりが見て取れた。

常勝メンバーとなりつつある篠原豊選手。一回りも二回りも年の離れた選手を相手に負けず劣らずの奮闘ぶりが見て取れた。

常勝メンバーとなりつつある篠原豊選手。一回りも二回りも年の離れた選手を相手に負けず劣らずの奮闘ぶりが見て取れた。

みなさまにご支援いただき、ジャパンカップ磯釣り選手権大会は30周年を迎えました。

みなさまにご支援いただき、ジャパンカップ磯釣り選手権大会は30周年を迎えました。

成績表

順位 選手名 試合区分 ブロック 順位 勝ち点 占有率(%) 釣果(g) 住所
1位 守田 洋 総合成績 - 1 6.0 85.20 1,996 山口県光市
- - 第1試合 A-3 - 3.0 70.39 1,241 -
- - 第2試合 A-16 - 3.0 100.00 755 -
順位 選手名 試合区分 ブロック 順位 勝ち点 占有率(%) 釣果(g) 住所
2位 山本 俊介 総合成績 - 2 6.0 67.17 6,886 大阪府大阪市
- - 第1試合 A- 18 - 3.0 71.13 2,390 -
- - 第2試合 A- 13 - 3.0 63.21 4,496 -
順位 選手名 試合区分 ブロック 順位 勝ち点 占有率(%) 釣果(g) 住所
3位 小谷 さとし 総合成績 - 3 6.0 65.35 4,860 岡山県倉敷市
- - 第1試合 A-15 - 3.0 70.56 2,770 -
- - 第2試合 A-8 - 3.0 60.14 2,090 -
順位 選手名 試合区分 ブロック 順位 勝ち点 占有率(%) 釣果(g) 住所
4位 小松 和伸 総合成績 - 4 6.0 64.28 7,012 広島県広島市
- - 第1試合 A-9 - 3.0 68.06 3,867 -
- - 第2試合 A-2 - 3.0 60.50 3,145 -

※敬称略 ※マークは全国大会進出権獲得選手です。