2014

2014 シマノへらドリームゲーム

  • 大会レポート
  • フォトレポート

大会レポート

2014シマノへらドリームゲーム


日時 2014年4月12日(土)
場所 埼玉県羽生市 椎の木湖
主催 株式会社 シマノ

2014シマノへらドリームゲームを4月12日(土)埼玉県羽生市の「椎の木湖」にて開催いたしました。このドリームゲームは1日を通じての「合計釣果」を競うものではなく、「5枚検量」という、今までにないスタイルの試合形式です。椎の木湖は釣り座に設置してある自動計量機システムのため、ダブル(一荷)の場合は2枚まとめて1回の計量とみなし、一方では6枚目以上の計量は1回につきマイナス2Kgのペナルティーというルール。すなわち、計量は5回しか許されないというスリリングなゲームでもあります。

当日は早朝の冷え込みはありましたが、晴天に恵まれ絶好の釣り日和となり、エントリーされた42名の方々はそれこそ思い思いの釣り方で楽しまれました。

また、この大会の目玉として、シマノが誇るへら釣り界を代表するインストラクター、小山圭造・伊藤さとし・萩野孝之・中澤岳・岡田清・西田一知・吉田康雄(順不同・敬称略)の7名に、2013シマノジャパンカップの覇者・河村大輔氏を加えた計8名によるドリームレッスンを設けました。今回は参加者全員がこの8名に一人約5~6分、全員が延べ40分以上のレッスンを受けました。

このレッスンは、質疑応答やアドバイスはもちろん、シカケ作りやエサ作り、さらに実釣までしてもらい自分の釣果に加えてもOKという内容。どんな事でも可能な限り引き受けます!というインストラクターの意気込みに、ついつい無理難題を投げかける参加者の笑顔が随所にみられました。

そのようななごやかな雰囲気の中、釣り仲間と参加され釣れるたびにへら鮒のサイズを伝えたり、時には見に行ったりと緊張感のある競技会とは一味違ったものとなりました。

午前中は、朝の冷え込みが影響して浅いタナを狙う釣りよりも深宙釣りが比較的安定していました。特に13尺チョーチン釣りのウキの動きは抜群に良く、開始早々に1キロクラスも記録されました。

問題はその釣れたへら鮒を計量するかどうかです!迷いに迷ってリリースする人、「測ります!」と宣言して高ウエイトを祈るように計量する人、何時しか両隣の参加者とのコミュニケーションも深まり和気あいあいとしたイベントとなりました。

7時から10時までを午前中の部として、1時間の昼食休憩をとり11時から14時までが午後の部になります。

午後になるとやや風が吹き始め釣り方も変わってきました。午前中に良かったチョーチン釣りもタナが浅くなり8尺から10尺位のロッドを使用する方のペースがアップしました。また、特に目立ったのが15尺から18尺を使用して、両グルテンのエサ使いで大型へらを狙う釣り方です。シャ、と合わせた瞬間からロッドは大きな弧を描き、最後は立ち上がって取り込む姿も見られるようになりました。

最終的には、午前の部の釣果を全て我慢のリリースで通し、午後の部で大物の勝負に出た大塚勝行選手。「神威」8尺を使用した得意のチョーチン釣りで、1回のダブルヒット(一荷釣り、この2枚は1回計量で1935グラム!)もモノにして、6030グラムで栄えある第1回ドリームゲームを制しました。また、ベテランアングラー賞も制し、ダブル受賞となられました。

2位には同じく後半に「閃光XX」15尺を使用して両グルテンでカタモノを狙った道川千尋選手が1612グラムのビッグワンを含む6010グラム、3位には終始「閃光X」の18尺でタナ1.5メートルから2メートルを狙った尾作博樹選手が1499グラムのカタモノを含めて6000グラムで表彰台に上がりました。

レディース賞は、森真樹選手が1483グラムを含む合計5790グラムで受賞されました。

初の試みのゲームのため、参加者からは「簡単だけど難しい…でも楽しかった」と従来の競技会とは違った感想も聞かれました。「簡単だけど難しい…」まさにどのタイミングでどの位のへら鮒を計量するのか?新しいゲームの提案にまた違ったへら鮒釣りの楽しみ方が増えた1日となりました。

今大会の入賞は第4位までとし、表彰式の後には参加者全員にもれなく当たる抽選会も行なわれ、最後に小山圭造氏の総評で締めくくられ、無事に大会を終了いたしました。



【総合成績】
全員を4ブロックに分け、各ブロックの横取り方式で順位を決定しました。

順位 氏名 重量 ブロック
優勝 大塚 勝行 6,030g Bブロック
準優勝 道川 千尋 6,010g Cブロック
3位 尾作 博樹 6,000g Dブロック
4位 村田 キイチ 5,450g Aブロック
順位 氏名 重量 ブロック
ベテランアングラー賞 大塚 勝行 6,030g Bブロック
レディス賞 森 真樹 5,790g Dブロック

※(敬称略)