2013

シマノへら釣り競技会 「野釣りで一本勝負!!」

  • 大会レポート
  • フォトレポート
  • 成績表

大会レポート

シマノへら釣り競技会 野釣りで一本勝負!!

日時 2013年6月15日(土)
場所 群馬県藤岡市 三名湖(舟釣り)
主催 株式会社 シマノ

今年も「野釣りで一本勝負!!」の季節を迎えました。全国的に梅雨入りは早かったものの、降水量は少なく、フィールドもやや雨待ちの状況でした。この大会の趣旨は自然の中で思い思い自分の釣りを楽しむことです。短竿での浅いタナ狙い、また竿が大きな弧を描くチョーチン釣り、そして長尺でのダイナミックな釣り、その結果今年も多くのドラマが生まれました。

梅雨時の開催にも関わらず、今回も多くの方々にご参加いただき本当にありがとうございました。安全面を重視し、みなさまにお楽しみいただけるようスタッフ全員で今回も運営にあたらせていただきました。

成績は一の入江に入釣した埼玉県本庄市の野村和男(のむらかずお)選手が総重量41.4kgと2位に約7kg差をつけ見事な優勝を飾りました。大会前週にも試釣を行ない手応えを感じていた、とのコメントでしたが、状況が変わる中、使用ロッドを朱紋峰 神威の13尺から普天元 独歩の15尺に替えて先を読む釣りで栄冠を手にしました。

準優勝には地元群馬県高崎市にお住いの矢野裕敏(やのひろとし)選手が金市田ワンド最奥で34kg、第3位には二の入江で31.6kgを釣った羽富雅也(はとみまさや)選手が表彰台に上がりました。

水位は昨年と違いほぼ満水位となり、木々の新緑も目に眩しい中で今回は開催することができました。釣果も優勝者は40kgを超え、豪快かつ繊細な釣りを満喫することができたようです。

順位 氏名 重量
優勝 野村 和男 41.4㎏
準優勝 矢野 裕敏 34.0kg
3位 羽富 雅也 31.6㎏

※(敬称略)

コンディション(フィールド)

今回、三名湖の水位は満水位からマイナス1メートルとこの時期にしては高水位でした。しかし、湖全体に若干の濁りが見られたため事前情報では浅いタナの釣りが本命視されていました。なおかつ、数日前から放水が始められたため、水位の変化も見られました。

当日は早朝から湖面が濃霧に包まれ、ジメジメと湿度の高い状況でした。予定時刻より早く、参加選手が集合し、受付も順調に進められ、いよいよ出船時間となりました。シマノでは安全面を重視して、ライフジャケットの着用と高齢者やお手伝いが必要な方の優先出船を行なっています。また、スタッフが乗船の際にはサポートするため、スムースに全選手が安心して狙うポイントに入ることができました。

午前6時30分、定刻通りに大会スタートのホーンが全湖に響き渡り熱戦が繰り広げられます。事前の情報どおりに浅タナ狙いの選手がロケットスタートを切り、1時間で20枚を釣りあげる選手も現れました。

しかし、次第に16~18尺を使用した選手の竿が頻繁に立つようになり、へら鮒のサイズも良型で、中には立ち上がって取り込む選手も見られました。また、水位の変化があったため、各ワンドに入釣する選手が少なかったこともあり、ワンド内に入った選手はポイント、そしてへら鮒も独占でき、結果的に上位入賞を果たしました。

終了時刻の午後1時30分には、晴れ間が見られるようになるまで回復し、緑に囲まれた三名湖をバックに表彰式が行なわれました。

優勝は3回目のエントリーで見事に夢を叶えた野村選手、「みんなにいろいろと教えてもらい表彰台の一番高い所に立つことができました」と笑顔でのコメントが印象的でした。

シマノ・へらインストラクター 伊藤さとしのチェック

大会開催1週間前に釣行したときには、深いタナでの釣りは難しく、へら鮒のサイズにもばらつきが見られました。そこで浅いタナにスイッチすると35~40センチクラスの良型が連続でヒットし、中には1kgクラスも混じる状況でした。この段階で自分的にも「大会は短竿の浅いタナ狙いかな…」とイメージしていましたが、2日前から放水が始まり事態は急変しました。当然水位が下がれば本湖のミオ筋が良くなり、ワンド内は厳しくなる…そう予測してポイントを決めた選手も多かったことと思います。そのため、本湖中央ロープに人気が集中し、ワンド内ロープはガラ空き状態となりました。

ところがポイントを独占できたことと、ワンド内のへら鮒にも活性があったために浅いタナでもチョーチン釣りでもウキの動きは良く、混雑による人的プレッシャーを避けられたため、終日コンスタントに釣ることができたようです。

優勝者の釣りは13尺(朱紋峰 神威)のチョーチン釣りでエサは両ダンゴ、朝イチの活性が一段落してからはロッドを15尺(普天元 独歩)にチェンジして、更に高活性のレンジを探った釣りでした。やや長めのハリスでエサの落下途中からアピールし、その直後に食わせる!このパターンで4フラシ、41キロ強を釣り上げました。

まさに三名湖の釣り、お見事でした!