2012

探見丸船釣り大会 Fishing Tournament

  • 大会レポート
  • 大会ダイジェスト
  • 成績表
  • 大会コメント

大会ダイジェスト

探見丸船釣り大会 いすみ市大原港船釣り大

まだ日も昇らない午前3時半。真っ暗な中、煌々と明かりが灯る港の市場に続々とアングラー達が集合。受付が終わると、誰もが優勝を目指し、今日の釣果を予想しながら話し合ったり、船長に今日の様子を聞いたりと、皆思い思い。港の湾内にも釣り船が並び、一気に活気づき出します。

開会式では、ステージに永井 裕策さんをはじめとするゲスト全員が上がり、今日の健闘と安全をたたえると、場内は熱気に包まれました。

日の出とともに出船となりました。大物への思いを馳せた釣り師たちを乗せ、穏やかな海上を勢い良く船が走っていきます。船長おすすめの漁場に着くと、思い思いの仕掛けにエサをつけ、あとははじまりの合図を待つだけ。午前5時、いよいよスタートです。「ハイ、21~23m」と、船長の指示棚が響き渡ると、皆一斉に竿を降ろしていきます。

探見丸にはぽつぽつと魚のイラストが。しかし、反応はいまひとつ。

矢継ぎ早にポイントを変えていき、開始から約30分後、やっと一匹目のお目見えです。見れば、イサキとハナダイのダブルヒット。サイズもまずまずと言ったところでしょうか。その後も、その流れに乗ったかのようにイサキがあげられていきます。中にはウマヅラなどもおり、残念でしたと言わんばかりの姿に、アングラーも悔しそうです。潮の流れが早いうえ、魚の活性も悪く、外道に捕まる姿が多く見られました。

しかし、可愛らしい魚のイラストが現れる探見丸のモニターを見つめては、コマセを入れ換えていく釣り師たち。

すると、右舷の胴の間あたりから黄色い声が。モデルの中台泉美さんの竿がしなります。リールを巻き上げ、慎重に糸を手繰り寄せると、姿を現したのは鮮やかなピンク色のハナダイ。しかも、良型のサイズにテンションが上がります。「今日は、レディース賞狙っていますよ。次はイナダですね!」とのこと。隣に座るあべなぎささんも次は私の番といった様子で、負け時に仕掛けを海へと投げ入れていきます。周りの釣り師たちもヒートアップしていきます。しかしながら、思いとは裏腹に食いの渋い状況がつづきます。どうやら、イサキを5匹集めるかが勝負の決め手のようです。

そして、その均衡を破るかのように中台さんの竿が反応します。今度は30cmオーバーのイサキを釣り上げ、満面の笑み。すると、今度はあべさんの竿にも反応あり。海面に黒い物体が映り、やっと姿を現したのはウマヅラ。「うーん、悔しいけど、とりあえずオデコはまぬがれましたよ!」と言いながら、次の仕掛けにエサを付けていきます。勝負の行方はまだまだわかりません。

皆、なかなか活性の悪い中でも、探見丸を見ながら最後まで諦めずに竿を繰り出していきます。みよしの方からも、ともの方からもなかなかのサイズのイサキが上がりはじめ、これからが勝負かというところで沖上がりの10時に。残念ながら、イサキ5匹を上げられないクーラーボックスもチラホラ見られます。あべさん、中台さんも、勢いに乗れず、5匹釣り上げることはできなかったようです。

しかしながら、皆、最後まで釣りを楽しめたようで、満足げな表情でわきあいあいとお互いの釣果を話しながら帰路の途へ。港では、続々と自慢の大物を手にした釣り師たちが、検量所へ続々と集まってきます。他船も大漁とは言えぬものの検量袋からはみ出んばかりの魚を手にしています。表彰式が待ち遠しいばかりです。

今回の参加者は皆、探見丸に慣れた様子で、モニターに現れる魚のイラストを見ながら竿を積極的に出していました。「魚のサイズも出るから、思わず力が入っちゃうよね」「探見丸は無くてはならない大きな武器ですね」「棚位置もわかるし、いろんな釣りに使ってみたいね」など、探見丸を使うことでさらに広がる船釣りの魅力を存分に体感してもらえたものと思います。

表彰式では、こうした状況の中でも巧みに仕掛けていった鈴栄丸乗船の篠崎 宗三さんが合計2,010gで見事、総合優勝を飾りました。優勝者インタビューでは、「船頭さんに恵まれました。バイオベイト、オキアミ、イカタンといろいろと変えて釣りましたね。今日は潮が早いので指示棚の上を狙うことを心掛けことがいい結果を生んだのかもしれません」と満面の笑みで語ってくれました。

他魚の部では、1,383gのヒラメを釣りあげた義丸乗船の宮田 則夫さん、レディース賞は1,502gの勘栄丸乗船の清水 アスカさんが輝きました。

また、唯一小学生以下の参加者であった天の清栄丸乗船の井下 大くんがジュニア賞に選ばれました。

ステージ上では、ゲストによるトークショーをはじめ、豪華賞品が当たる大抽選会、自転車がもらえるジャンケン大会などが開かれ、競技後も充実した内容で今大会も大盛況のうちに幕を下ろすことができました。

 

  • 大会レポート
  • 探見丸船釣り大会TOPへ戻る
  • 成績表