2012

探見丸船釣り大会 Fishing Tournament

  • 大会レポート
  • 大会ダイジェスト
  • 成績表
  • 大会コメント

大会コメント

探見丸船釣り大会 いすみ市大原港船釣り大

シマノインストラクター 永井裕策 さん

「水温が下がり、食い渋りの状況での戦いでしたが、皆さん探見丸のアキュフィッシュ機能で現れる魚に胸を躍らせながら最後まで諦めずに竿を出していましたね。こうした中で、上手くイサキを釣り上げていた方は船長の指示棚の上まで誘いをかけながら、待ち時間を長く取っていたようです。また、根気強くカラー針だけで勝負していた方も外道に捕まることなく釣果をあげていましたね」

シマノモニター 鈴木新太郎 さん

「釣りやすいイメージのイサキですが、今日はあまり釣果が伸びなかったですね。探見丸には反応が出ていたのですが、潮が早くポイントがつかみづらいようで外道によく捕まっていました。また、水温が安定せず食いが渋かったですね。こういう時は状況を見極め、戦略を練ることがポイント。コマセの巻き方、入れ換えのタイミング、仕掛けの工夫などが必要でしたね」

シマノモニター 飯田純男 さん

「コマセ釣りでは、積極的にエサを入れ替えることが重要ですよね。特に、今日は潮が早くポイントがつかみづらいという状況でもありました。私の乗船した船では、イカタンを使っていた方が上手く釣果を上げていた気がします。やはり、状況を見ながら仕掛けを上手く使い分けることが勝負のポイントになりましたね。」

  • 成績表
  • 探見丸船釣り大会TOPへ戻る
  •