2012

第28回 シマノ・ジャパンカップ 鮎釣り選手権大会

  • 大会レポート
  • 大会ダイジェスト
  • 成績表
  • 上位入賞選手コメント&タックル
  • 動画レポート

大会レポート

鮎釣り選手権大会

優勝 小沢 聡 選手 9匹
準優勝 八木沢 博 選手 4匹
第3位 楠本 慎也 選手 4匹

※決勝戦釣果・オトリ2匹含む

オールスターが激突した波瀾のファイナル!タフコンディション下で繰り広げられた激闘を制し、小沢 聡選手(オザワ サトシ・愛知県)がジャパンカップ前人未到のV4達成!!
日時 2012年9月29日(土)
場所 仁淀川(高知県)
主催 株式会社シマノ
後援 高知県吾川郡いの町、仁淀川漁業協同組合、土佐和紙工芸村くらうど
天候 曇りのち雨

2012年9月29日(土)に「第28回シマノ・ジャパンカップ鮎釣り選手権 全国大会」を高知県仁淀川にて開催いたしました。
今大会は、2012年9月1日(土)、2日(日)に開催予定でしたが、増水により順延されたものです。

今大会の出場選手は、昨年度全国大会上位入賞者3名のシード選手と、全国で行なわれた地区大会を勝ち上がり、セミファイナル(東日本、中日本、西日本)大会をも勝ち抜いた17名に、インストラクター選抜戦の上位4名の総勢24名の精鋭達。
終盤期を迎えた仁淀川で激戦を繰り広げてくれました。

当初は、29、30日の2日間で行なわれる予定でしたが、直前になって、日曜日後半の台風の急接近が予想され、選手の帰路も含めた安全を最優先した結果、急きょ29日のみで開催することとなりました。
試合は、予選リーグを2試合減らしての4試合、そして決勝戦というスケジュールに変更いたしました。

大会会場となった仁淀川は、例年通り豊富な天然遡上に恵まれたものの、シーズンインからの雨天続きと記録的豪雨による高水が影響してか、全体に鮎の魚影が薄い今シーズン。
9月中旬の大増水後も、大会前の好天続きでアカも相応についているが、広大なフィールドの中から的確に鮎の付き場を見つけていかないと数が伸びない状況。

これにより、予選リーグは、誰もが広大なエリアを探り歩くことを余儀なくされ、雨と気温水温低下による寒さとも戦いながら、追いの鈍いアユを掛ける釣技はもちろん、精神力、集中力に体力さえも試されるという、タフコンディション下での過酷な戦いとなりました。

また、今大会には、各競技会で活躍する有名選手が多数参戦。
試合運びの巧さはもちろん、様々な状況やフィールドに対応できる幅広い釣技を身につけたオールラウンダーが多く、激流にもめっぽう強い強豪選手が勢揃い。
オールスター戦と言っても過言ではない状況に、誰もがスパートするのは至難の技で、予選リーグ4試合は、いずれも大接戦となりました。

そして、この激闘に終始した予選リーグ4試合を制し、見事頂上決戦の舞台へ名乗りを上げたのは、小沢 聡選手(オザワ サトシ・愛知県/インストラクター選抜戦1位)、八木沢 博選手(ヤギサワ ヒロシ・栃木県/セミファイナル東日本大会5位)選手、楠本 慎也選手(クスモト シンヤ・和歌山県/セミファイナル西日本大会3位)の3名となりました。

注目の頂上決戦は、このために温存していた「柳瀬(ヤナノセ)」で開催。
ギャラリーと選手、報道陣、スタッフに見守られての試合は、小沢選手が前半戦で幸先よいスタートを切り順調に数を伸ばして行くのに対し、ここまで一歩抜きん出た “巧さ”を見せつけていた八木沢選手、楠本選手が、誰もが予想だにしなかった、よもやの大苦戦。
雨による微妙な水位変化で付き場が変わっていく鮎を求めて奮闘しますが、ケラレや水中バレもあってペースに乗れません。

小沢選手6匹、八木沢選手3匹、楠本選手2匹で迎えたエリア交替しての中盤戦は、楠本選手もオトリをかえることに成功して追撃体制に入りますが、雨が土砂降りになってコンディションはさらに悪化。
ポイントを見ることはもちろん、目印を視認することさえ難しい状況に後が続きません。
対して、小沢選手は、厳しい状況の中での中盤戦でも2匹追加すると、2名の追従を許さないかのように、最終ラウンドの後半戦でも追加。
そして、決勝戦の競技が終了。
検量の結果は、小沢選手がジャパンカップV4達成。見事、4度目の栄冠を手にしました。

※文中敬称略

フォトレポート

決勝の舞台となった仁淀川・柳瀬(ヤナノセ)の全景。

多くの報道に囲まれて決勝戦がスタートした。

予選リーグの勢いをもって決勝に臨む小沢選手。

開始早々にリードする小沢選手。

その後も順調に数を伸ばす小沢選手。

終盤になってもさらに数を伸ばし、八木沢選手・楠本選手の追撃をかわす小沢選手。

雨の中多くの報道陣や多くのファンのが決勝の行方を見つめる。

V4を決めて、謙遜しながらも満面の笑顔の小沢選手。

小沢選手、優勝を決めた瞬間。
八木沢選手・楠本選手から祝福の握手。

(向かって左から)第4位:和田 紅一選手、 準優勝:八木沢 博選手、 
優勝:小沢 聡選手、 第3位:楠本 慎也選手、 第5位:高橋 祐次選手

表彰式では大変お疲れのところ、記念撮影に笑顔で応じていただきました。