2011

シマノへら釣り競技会 「野釣りで一本勝負!!」

  • 大会レポート
  • 大会ダイジェスト
  • 成績表
  • 上位入賞選手コメント&タックル

大会ダイジェスト

大会ダイジェスト

 出船抽選順に各選手はマイポイントを目指した。試釣の結果や当日のコンディションを読み、また空いている場所も見逃せない。

ぞくぞくと出船していく選手たち

本命ポイントとされる「水神」エリア

大会アドバイザーのシマノへらインストラクター伊藤さとし氏は、本命ポイントとされる「水神」が混雑すれば厳しい釣りになるはず。反対にその移動したへら鮒がどこに居付くのか?セオリーでは押されて「旧石切」や「新石切」から上位者が出るのでは…と予測・分析した。

伊藤氏が着船状況をチェックしたところ、案の定、本命ポイントに人気が集中し、そこから先は比較的広いスペースの中での釣りとなり、「これはいける!」と感じたとのことでした。

全体的に広いスペースでの釣りとなった

真っ先にフラシを交換したのは初代チャンピオンでもあり今大会3位入賞の戸井田選手

 伊藤氏の取材と分析によると、スタート直後は浅ダナ・チョーチン釣り、共に好調で反対に底釣りはウキの動きに力強さはなかった。これは日々減水しているためでへら鮒は確実に移動していた。釣り方により魚体も変わりチョーチン釣りのへら鮒は比較的大型が多く、浅ダナ釣りは中型サイズが中心になる。そんな中、真っ先にフラシ交換をしたのは、今大会3位に入賞した戸井田選手で、「神威」14尺でのチョーチン両ダンゴ釣りだった。そして、その先に今回優勝した中澤選手が「風刃」の9尺を使用し、セットの浅ダナで数を延ばし、準優勝の北爪選手は混雑を避け「金市田ワンド」に入り「一天」の12尺で両ダンゴチョーチンを通した。ポイントによって、また混雑度によって攻め方は大きく異なったが、これが野釣りの面白さであり醍醐味で、やや食い渋りの中でも優勝者は64枚、31.4キロの釣果を叩きだした。

ポイントや混雑度によって攻め方は、大きく異なったが、これが野釣りの面白さであり、醍醐味でもある。

関連製品情報